京都一周トレイル・東山コース・その1
東山三十六峰を辿る
■標高:848.3m
■歩行時間:9時間
■登山日:2014年6月7日

    京都一周トレイルは、盆地の町・京都を取り囲む山につけられたハイキングコースだ。その名の通り、ぐるりを囲むと言いたいところだが、京都市の南方には山地が存在しないため、東山、北山、西山と、北山のさらに北方に位置し、府内でもかなり山深いエリアを通る京北コースから成る。周回路としては、東と北と西で完結していると言っても良い。その中でも今回は、東山コースに挑戦してみることにする。東山文化とかの東山である。伏見稲荷の最寄り駅、京阪線のその名も伏見稲荷駅を起点とするこのコースは、京都市街と山科区を隔てる山並みを北上し、比叡山に至る約25kmの道のりとなる。俗に東山三十六峰とも言うが、古都京都を象徴する風景の一つとなっているこれらの山々を縦走するコースと言うこともできる。



 愛宕山登山の頃から気になっている京都一周トレイルに着手するべく、金曜の夜から京都入り。それ自体は別に初めてのことではないはずなのだけれど、王将三条店もサウナオーロラも、客の入りが多くない。木屋町筋は多くの人でごった返していたので時間帯のせいなのかとも思ったが、遅い時間になってもオーロラの館内には、なんというか余裕があった。おかげでいつもよりもゆったりと休むことができ、そして朝がやってきた。

 伏見稲荷への取り付きには、JRの稲荷駅を使おうと考えていたのだけれど、実は三条河原町辺りにあるオーロラから、三条大橋で鴨川を渡ると、そこにあるのは京阪電鉄の三条駅である。伏見稲荷駅までは乗り継ぎなしで移動できる。JR稲荷駅を目指す場合、地下鉄で京都駅まで出た後でJRに乗り換えなければならないことを思えば、かなり時間の短縮ができる。もっとも、若干の荷物を京都駅のコインロッカーに放り込む算段をしていたのが、行きと帰りの二回にわたって立ち寄るポイントがなくなったことから、全重量を背負って入山することになったと言う一面もあった。

 7:47、伏見稲荷駅から歩き出す。駅を出るといきなり、京都一周トレイルの1指導票がある。街中と言って良いこの場所から、京都の周囲をめぐるハイキングコースが始まっている事実に、改めて意外な印象を受ける。が、指導票自体はそれほど目立つものでもなければ、まじまじ見るほど物珍しいものでもない。一瞥をくれ、向かって左手の伏見稲荷方面を目指す。

 この先、道は伏見稲荷大社の背後にそびえる稲荷山の山腹「四つ辻」まで、伏見稲荷の境内地を抜けて続いていく。伏見稲荷駅から神社まではごくわずかの距離だ。庶民の神様・お稲荷さんの門前らしい、極めてフランクな町並みを抜け、まだ真新しい感じの社殿を横目に見ながら進むと、伏見稲荷を象徴する光景としてよく知られる千本鳥居に差し掛かる。以前、新年早々にこの場所を訪ねたときは、さすがに多くの初詣客でごった返していたが、今日は大分雰囲気が違う。気の早いわずかの観光客と、地元の人が散歩をしている程度のものだ。ただ、この場所に限っては、そのくらいの方が幽玄の雰囲気を味わえて良い。視界を朱一色に染め上げる鳥居の行列の中を進んでいく。

 10分歩くか歩かないかのうちに、奥社に到着。狭義での伏見稲荷の境内はこのあたりまでと言うことになるのだろうか。周辺には神道の神社を始め宗教施設が集中しているため、そのあたりの区切りが良くわからないが、ひとつ間違いないのは、道はまだまだ先へと続いているということだ。このあたりの道は、京都一周トレイルのコースとは言うものの、基本的には神社の参道であることから、これ見よがしにハイキングコースの道標が立てられていたりはしないのだけれど、一方で道は方々の社殿に向かうため、割とあちらこちらで細かく分岐している。そのため、一度は三つ辻の辺りから誤った道のほうへと引き込まれてしまった。間違いに気づいて引き返しはしたものの、割と長い時間を下りに費やしていたため、時間と体力を浪費した恨みはある。

 8:34、四つ辻に到着。ちょっとしたアクシデントがあったため、思ったより時間がかかった。その名の通り、山上の交差点みたくなっている場所で、東山コースの最序盤ながら、まずまず眺めの良い場所である。本来なら、京都の街中の様子がもう少しクリアに見えるはずなのだけれど、気だるく愁いを帯びたような入梅後の大気は、その向こうに見えるはずの景色をやけに不鮮明なものにしている。
伏見稲荷駅。記念すべき1指導票は左手踏切の傍らに。

伏見稲荷の境内へ。揺るぎなく、日本三大稲荷の一つに数えられる。

千本鳥居。幽玄の空気も、人の少ない時間ならではのものだ。

まずは四つ辻に到着。

展望スポットとなるはずだが、このときは天候がいまいちだった。

 
アクセス JR稲荷駅または京阪電鉄伏見稲荷駅より。中断地点までの交通は各項参照のこと。
ガイド本 京都一周トレイルコース公式ガイドマップ東山 京都一周トレイル会
関連サイト

  その2へ進む



▲山これへ戻る