■琉球王国の成立

 現在の沖縄県に存在した琉球王国の名はよく知られています。王国成立は日本の他地域で言う中近世とほぼ同時期の出来事でしたが、沖縄の時代区分は、基本的に独特のものとなっています。先史時代が長く、農耕が定着して国の概念が成立したのは、すなはち身分秩序の固定化が進んだのは、グスク時代・三山時代と呼ばれる時期のことでした。一般的な日本の時代区分と単純に同期させるのは難しいようですが、グスク時代は概ね12世紀から14世紀にまたがる時代と理解して良さそうです。
 やがて、ある程度の規模と勢力を持った三つの王国が台頭しました。この時代が三山時代と呼ばれています。三山時代には、北山、中山、南山と言う三つの王国が興り、このうち尚氏の中山が琉球の統一を成し遂げ、良く知られる琉球王国に移行して行くことになります。首里城は、中山の王府でした。

■グスク

 グスクは、日本の他の城郭とニアリーイコールの概念と考えてよさそうです。当て字ですが、城と書いてグスクと読ませるのが一般的です。もっとも、首里城に限っては江戸幕藩体制の一部に組み入れられていた関係か、「しゅりじょう」と読むのが普通ですが。
平時は支配者層の居所兼執政所として、戦時には軍事拠点として用いられましたが、特異なのは御嶽(うたき)と呼ばれる聖域を領域内に備えているケースが多いことで、元来は祭祀場としての性格を帯びた場所だったのではないかとも考えられています。
 現在沖縄県に存在する主要なグスク跡は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されており、首里城もまたその一角を形成します。なお、世界遺産登録は、当然のことながら再建建物を対象としたものではなく、あくまでかつてそこにグスクがあった土地としてなされています。沖縄戦の際、首里城は日本軍の拠点として使用されたことから、アメリカ軍の猛攻にさらされており、城郭建築の類はこの時に壊滅的な打撃を受けました。

■二つの宗主国

 琉球王国は、江戸時代の初めに薩摩藩に征服されたことから、ともすれば本土文化の足下に置かれるものと見てしまいがちですが、首里城はじめグスクの石組石垣に用いられる技術は、本土の城郭に採用されたそれを凌駕したものと見て間違いでしょう。少なくとも、沖縄の城跡以外でアーチ型の石門が存在していることなど、見た記憶がありません。
 首里城のうち、有料区画となっているのは、再建された正殿及び南殿・北殿内です。世界遺産に登録されているのは首里城址なので、復元建物は蛇足に感じていたこともありましたが、実際に見てみると興味をひかれる建物です。軍事施設として防御機構の粋を結集したものと言うよりは御殿建築に近く、京都あたりの古刹のように、庭園を備える典雅さも持ち合わせています。配された木がいかにも南国のそれで、岩も石灰岩なのが沖縄風です。
 ひときわ目に着く部分の再現建物は、中国風の外観を備えています。そして建物の中にも、中国文化の影響を色濃く受けた部分があります。観光ガイドの写真にも良く使われる極彩色の御差床(うさすか)は、その最たるものでしょう。というより、和風の区画と中華風の区画に分割されているというべきでしょうか。前述したとおり、琉球は島津氏の侵攻を受け、その支配下におかれることで幕藩体制に組み入れられましたが、同時に清への冊封も続けており、島津の使者を迎えるときには和風の建物を、清の使者を迎えるときには中華風の建物を使ったのだそうです。
 この、いわば宗主国が二つある状態は、明治維新まで続きました。江戸幕府には琉球の立ち位置の特殊性に対する配慮もあったようですが、国家の近代化を推し進める明治新政府は、琉球から清の影響を排そうと考えたようで、かくて沖縄県が生まれました。が、南西諸島と清の間の微妙な距離感が急に変わるでもなく、日清の軋轢は、日清戦争の勝利によって日本の発言力が決定的に優位となるまで続くことにります。

(2017年02月10日 初掲)