琵琶湖の浮城。
膳所城
所在地
別名
滋賀県大津市本丸町
:石鹿城
築城者
築城年
:徳川家康
:慶長6年(1601)


お城スコープ > お城総覧 > 膳所城

■都と湖

 京の都から東へ三里足らず、琵琶湖に面する大津の地は、琵琶湖の水運を握る上での要所であるとともに、都の東の防備を固める上でも重要な場所でした。意外と言えば意外なことに、そんな大津と言う土地には、古くから城が築かれていたというわけではないようです。強いて言うならかつての織田氏支配下に置いて湖西に封じられた明智光秀が守った坂本城が近い役割を果たしていたと考えられ、それに代えて豊臣秀吉が築いた大津城の完成をもって、交通の要衝を扼する楔がこの地に打ち込まれたと言って良いでしょう。見方を変えれば、都を含む畿内一円に版図を築き、それを支える城郭ネットワークを構築できる勢力と言うことになると、天下人と呼ばれる大名たちの登場を待つ必要があったということなのかもしれません。
 ともあれ、関ケ原の戦いに勝利して新たな天下人となった徳川家康もまた、この地域を鎮めるための城として膳所城を築きました。先の戦の際に大津城が甚だしく傷んだという事情があったのとともに、そもそもこの大津城が実戦本位の城でなかったために、敵襲に耐え得る城を新築したという側面もあったようです。

■湖城の苦労

 天下普請により築かれた膳所城は、海城ならぬ湖城などと呼ばれ、琵琶湖に突き出すその縄張りは、築城巧者藤堂高虎の手になるものと言うことも相まって、この城の名望を高からしめたと伝えられています。要地であっただけに、その城主の座は戸田氏、本多氏、石川氏などにより受け継がれ、明治維新まで存続しました。
 現在の城跡は、その名も膳所城跡公園として整備されています。昔と変わらず湖面に突き出す公園は、湖城の姿をよくとどめています。もっとも、天然地形をそのまま利用したタイプの城と違い、膳所城の場合は自然の岬を少なからず人為的に整地することで半ば湖の中に乗り出すような形としていたようで、湖面に浸かる石垣などを中心に、かなり波蝕の影響を受けていたとも言われています。だからかどうか、現在の膳所城は公園は、湖面に石垣が浮かんでいるという感じではなく、馬蹄型の小半島上に石垣で守られた高台式の土地が積み上げられているといった趣です。琵琶湖に面して石垣風の構造物もありますが、昔からの物なのかどうかは今ひとつ判然とせず、わりと強固にコンクリートで補強されている箇所が多いようです。それ以外は普通の公園と言った感じですが、城跡の一画には、膳所城址の石碑のほか、模擬復元されたという門が立っています。

(2018年12月05日 初掲)















戻る
TOP