南海の鎮め、御三家の城。
和歌山城
所在地
別名
和歌山県和歌山市一番丁
:虎伏城
築城者
築城年
:豊臣秀長
:天正13年(1585)


お城スコープ > お城総覧 > 和歌山城

■豊臣氏・副将の城

 後に御三家の一つ・紀伊徳川家の居城となった和歌山城は、豊臣秀吉を支えた豊臣氏の副将であり秀吉の実弟である豊臣秀長によって築かれたお城です。
 一般に秀長の居城として知られているのは大和郡山城で、秀長自身も大和宰相の通称で知られていますが、豊臣政権下においては和泉と紀伊の二カ国も秀長の所領でした。これは天正13年(1585)の根来・雑賀征伐の際の秀長の功に報いたもので、豊臣軍の副将としてこの地に入っていた秀長は、頑強に抵抗を続けていた一向宗徒を下した後、築城に好適の地と思われたこの場所に紀州支配の拠点となる城の建設を開始したのでした。縄張りは自らが行い、普請奉行は築城の名手として知られる藤堂高虎や羽田一庵が務めたと言われています。そして同年のうちに、本丸と二の丸の工事が完了したとされます。けれど前述の通り、秀長の本拠は大和の郡山城でしたから、配下の武将・桑山重晴を城代としてこの地に置きました。
 その後秀長の家は断絶し、慶長5年(1600)に関ヶ原の戦いの戦後処理の一環として、東軍に属した浅野幸長が三十七万石で和歌山城に入りました。これと入れ替わりで、重晴はこの城を去っています。
 

■紀伊徳川家時代へ

 元和5年(1619)、福島正則が幕府に無断で城の改修工事を行ったという理由で改易処分を受けました。時の和歌山城主・浅野長晟は正則が去った広島城へと転封となり、その後に家康の十男・徳川頼宣が紀伊・伊勢五十五万五千石の太守として入城しました。紀州徳川家の始まりです。
 和歌山城の改修は、秀長の城代・桑山重晴の頃から浅野氏の頃まで断続的に行われてきましたが、徳川将軍家親藩の城となったことでいよいよ大々的な工事の手が入ることになりました。その費用の一部は時の将軍・秀忠から出たものでしたが、この時の工事があまりにも大掛かりなものだったため、やがては謀反の嫌疑を受けることになり、当初工事予定の一部はついに実現されることが無いまま立ち消えになったと言われています。
 和歌山城はその後幾度かの火災にあっており、弘化2年(1846)には落雷によって天守を消失しました。同時期の幕府は、一旦焼亡するなどした天守の再建を制度の上で禁止していたようなのですが、和歌山城の場合に限っては特例的に再建が認められています。
 

■石垣が語る城の歴史

 そうして再建された天守も後の戦災で消失し、現在の和歌山城に存在するのは復元天守です。建物の内部は日本各地の他の多くの復元天守がそうであるように、城と和歌山藩の歴史に関する資料を展示した博物館となっています。
 和歌山城で一つ特徴的なのは、その石垣です。紀州徳川家の居城となる以前のこの城に、秀長の城代・桑山氏時代と浅野氏の時代があったことは既述の通りですが、この城は主が変わる度に大規模な工事を行っており、その結果和歌山城内には、各時代の特徴を示す石垣が存在しています。具体的には最初期の石積みである野面積み、それより後の時代の打ち込みはぎ・切り込みはぎが一つの城内に混在する形になっており、どの部分がいつ時代に築かれた区画なのか、見当をつけながら城の中を散策してみるのも一つの楽しみ方かもしれません。
 

(2008年03月01日 初掲)















戻る
TOP