大祝諏訪氏の城。
上原城
所在地
別名
長野県茅野市ちの
:なし
築城者
築城年
:諏訪氏
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 上原城

■諏訪大社の神職

 中世日本では、宗教界が武力も含めた社会的な影響力を持つことが珍しくありませんでした。時々の政権を頂点とするの統治機構の外側で勢力を強大化させたのが比叡山や本願寺なら、中世的秩序の一部・在地領主としての宗教家が戦国大名化して行った例も存在します。上原城の主だった諏訪氏は、諏訪大社の神職の一族で、そうした中の一例です。
 諏訪氏の領地である諏訪地方は、武田氏の守護を務めていた甲斐国と隣接していたため、武田氏が対外戦争に打って出るまでの力をつける頃になると、両氏の勢力は衝突するようになりました。信玄の父・信虎は、諏訪氏と幾度か干戈を交えた後、主目標を佐久の攻略に切り替えたため、その娘を諏訪氏に輿入れさせ、和睦を図りましたが、信玄(当時の名乗りは晴信)に代替わりしたときに方針の変更があり、佐久地方の平定に優先して諏訪地方の併呑に舵が切られたため、ついに諏訪氏は滅ぼされてしまいました。

■諏訪氏の最期

 上原城は、諏訪氏の城ではありましたが、諏訪氏が武田氏に対して最期の抵抗を示した城と言うわけでもありません。実際には、武田軍の侵攻が避けられないものと分かった時点で、近隣の桑原城に籠城したため、上原城は半ば放棄される形になりました。果たしてこの城に戦闘拠点としてどの程度の威力があったのか。それを発揮することはありませんでした。
 諏訪氏最後の当主となった諏訪頼重は、信玄の妹婿と言う気安さもあったためか、武田軍の武威を前に、和議に応じる形で桑原城を開城しましたが、その後に武田氏の本拠である古府中(甲府)にまで連行され、そこで切腹を命じられたと言われています。ちなみに、この時信玄に見初められたのが頼重の娘が諏訪御料人で、父の仇の側室として迎えられ、その後継者となる四郎勝頼を生むことになる数奇な運命から、新田次郎や井上靖の小説では、作中重要な役どころを与えられています。
 ともあれ、諏訪御料人が産んだ男児は後に諏訪四郎勝頼を名乗ることになりますが、諏訪氏側の資料では勝頼を諏訪氏の正統とは認めておらず、頼重の死はとりもなおさず戦国大名諏訪氏の滅亡を意味していました。

■山城と居館跡

 上原城は、山城ではあるものの車道が通じているため、車でのアクセスの容易です。ただ、茅野駅からの徒歩を考える際には、この車道が少々長く、蛇行しながら高度を稼いでいるため、山腹を直登し金比羅社を経由する徒歩道の方が、経路に迂遠さがありません。城地の構成からも、後述する板垣平からのこの道の方こそ、正統な大手道と言うことになります。
 山上の山城部分には、今も大堀切や土塁などが残っていますが、全体としてはそれほど大規模に展開された城跡ではありません。対して山麓の板垣平には、諏訪氏の居館跡が残されています。こちらは削平地形程度のもので、特に印象深い遺構などが残されているわけではなく、現在では農地となっています。板垣平という地名は、諏訪氏の後を受けて諏訪の郡代となった武田の家臣、板垣信方にちなむ物だと思われますが、武田氏支配下の諏訪地方では、信方が上田原の戦いで討ち死にした後も郡代が置かれ、上原城も武田氏滅亡までの間、諏訪支配の拠点として存続したと考えられています。

(2013年05月18日 初掲)















戻る
TOP