筒井順慶ゆかりの城。
筒井城
所在地
別名
奈良県大和郡山市筒井町
:筒井順慶城
築城者
築城年
:筒井氏?
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 筒井城

■筒井氏という一族

 筒井城は、洞ヶ峠の故事で有名な筒井順慶の城として知られています。実際、筒井氏の支配下にあった時期も長いのですが、戦国時代のハイライトにおいて、筒井氏は松永久秀との抗争に明け暮れ、筒井城の帰属が久秀側に渡っていた時期も短くはありません。畿内有数の有力大名・三好氏の重臣であった久秀と、大和一国内の新興勢力に過ぎない筒井氏では、やや筒井氏側の分が悪かったことは否めないような気がします。
 ちなみに筒井氏代々は、順の字を通字とするばかりか、順慶や順昭のように、坊さんみたいな名前の人が多いのですが、出は大神神社(おおみわじんじゃ)の神職なのだそうです。これが興福寺の宗徒になり、やがて戦国大名化したものと言われていますが、興福寺と春日大社が習合されていたという話もあり、この地において神道と仏教の境界はあいまいだったのかもしれません。なお、織田信長による新秩序が到来した後の筒井氏当主は定次ですが、彼はキリシタンでした。そしてキリスト教に帰依していたことが、後年の筒井氏改易、ひいては滅亡の遠因だったとも言われています。

■町を囲い込んだ城

 筒井城の話に戻ります。近鉄筒井駅の東方向に存在していたとされるこの城は、まったくの平城でしたが、同時期のこの種の城としては有数の規模を誇ったとされ、内堀と外堀の二重の堀に守られた中には、現在の筒井の街並みの原型が存在していたとも伝えられており、奈良街道と吉野街道という二つの大路を扼する城だったようです。いわゆる総構えのようなものと見ることもできますが、もともと大和国内では環濠集落が発達しており、軍事拠点としての城が拡大した結果として城下町を内包したものではなく、環濠集落を軍事拠点化した性格のものだったのかもしれません。そして、そういう立地にあったため、残念ながら現在では開発の波に洗われてしまっています。ただし、城郭時代に存在した集落の跡が現在の街並みの基礎となっているようで、周辺の街路はかなり入り組んだ形をしています。また、一部には水堀跡も残されていますが、こちらは深く穿った堀を石垣で防備しているわけではないため、田園地帯の端々に残る水場程度のものとなっています。
 筒井城は、近世城郭へと移行する前に廃城となり、大和郡山城がその後継となりました。現在、多くが宅地化した中で中枢部が畑地として利用されており、この付近に辛うじて城跡の名残がみられる程度です。そしてこの一画に、半ば忘れられたように筒井順慶城址の碑が立っています。

(2019年10月10日 初掲)















戻る
TOP