伊勢路を扼する城。
津城
所在地
別名
三重県津市丸之内
:安濃津城
築城者
築城年
:細野藤敦
:永禄年間(1558〜1570)


お城スコープ > お城総覧 > 津城

■伊勢の良港・安濃津

 おかしなもので「尾張名古屋は城でもつ」の部分の方が有名になってしまった感はありますが、本来「伊勢は津でもつ 津は伊勢でもつ」と伊勢音頭に謳われるほどに栄えた、津を治める城・津城です。津の港は古来良港として知られ、そのためこの地は政治・経済・軍事の拠点となっていました。津とはもともと港のことを意味しており、この地は古名を安濃津と言います。
 平安時代には平正衡が、鎌倉時代以降は長野氏が本拠としていた安濃津ですが、津城の始まりは、永禄年間に長野氏の一族である細野藤敦が安濃川と岩田川の三角州に城を築いたことによるとされています。
 さて同じ永禄の頃、尾張を統一し、さらには桶狭間で今川義元を討ったのが織田信長でした。以後信長は天下の統一に向けて邁進することになりますが、彼の居城の変遷の関係もあり、その版図拡大に関しては、一般に尾張から美濃、近江そして畿内一円へという流れに注目が集まりがちです。しかし実際には、美濃斎藤氏を攻略した頃から、尾張に隣接する伊勢方面への本格的侵攻も進められていました。

■二度の改修

 信長の伊勢侵攻において一つ特徴的だったのは、伊勢の有力な国人領主たちに対し肉親たちを養子として送り込んだことでしょう。北畠氏に次男信雄を、神部氏に三男信孝を、そして安濃津の長野氏にも弟信包を養子として送り込みました。津城が面目を一新したのは、この信包時代のことだったと考えられています。本丸、二の丸、三の丸が整備され、石垣を築いて堀を穿ち、さらに五層の天守が築かれました。
 なお信長による養子戦略は、いずれも強大化しつつあった織田氏の軍事力を背景に強制されたものであり、平和裏に進められたものではありません。実際、これらの養子縁組の行き着いた先は養親の謀殺、そして諸氏の実権の簒奪でした。長野氏に養子入りした信包も、この地域における織田氏の支配体制が確立する頃には長野氏と縁を切り、織田姓に復しています。
 文禄4年(1595)城は富田氏の治めるところとなりますが、この富田氏の時に関ヶ原の戦いが勃発しました。富田氏は東軍に属したため、津城は西軍の猛攻に晒されることになります。城兵は良く戦い、玉砕の最期を迎える前に開城。戦後はこの奮戦に報いる形で、加増の上で津城主に復帰しましたが、慶長13年(1608)に伊予へと国替えになります。
 交代でやって来たのが藤堂高虎でした。高虎は津城のさらなる改修に着手し、同時に城下町の育成にも力を注ぎました。参宮街道を城下町に引き入れたことで、津の町は伊勢参宮の宿場町としても賑わいを見せ、冒頭の伊勢音頭に歌われるような隆盛を見せることとなりました。

■親しまれるお城公園

 現在の津城跡は、史跡公園として整備されています。周辺は三重県の県庁所在地らしくすっかり都市化が進んでいますが、水堀と石垣に囲まれた旧城地の一部だけは街中の喧騒から隔てられており、市民の憩いの場となっています。
 公園化しているのはかつて本丸と西の丸だった部分で、先に触れた水堀は内堀に相当します。曲輪内には復興された丑寅三重櫓や高虎像、天守台などが残ります。この天守台、近隣の少年は身軽によじ登っていましたが、まともな階段等は設置されておらず、常識ある大人は登れない代物となっています。
 西の丸などは城とは無縁ながら日本庭園が造られており、近隣のサラリーマンが昼休みに羽を伸ばしにやって来ている様子。春のうららかな日差しの中訪れたこともあり、実にのどかな城跡でした。

(2009年04月30日 初掲)





















戻る
TOP