百万石初代の隠居城。
高岡城
所在地
別名
富山県高岡市古城
:なし
築城者
築城年
:前田利長
:慶長14年(1609)


お城スコープ > お城総覧 > 高岡城

■百万石の要

 俗に言う前田藩の加賀百万石の歴史は、大河ドラマの主人公として有名になった前田利家の嫡男・前田利長に始まります。前田氏は豊臣政権下の重鎮にして大藩ではありましたが、単純に表高(石高)で突出していたと言うよりは、秀吉個人との縁で重きをなしていた面があります。百万石と言われる前田藩が成立したのは、利家の死後、関が原の戦いの戦後処理を経た後のことです。その実は、120万石を超えるという国内最大の藩でした。
 越中の西部に築かれた高岡城は、加賀百万石の初代にあたる前田利長との縁が深いお城です。「日本の名城・古城事典」(TBSブリタニカ刊)には「城の位置は、加賀、能登、越中の要であり、三国支配の地理的事情は、西に偏する金沢より重要」とあります。地図を引っ張り出してきて確認すると、確かに高岡は前田氏の領地であった富山・石川両県の重心に当たる場所に位置しており、さらには飛騨方面への道を扼する位置でもありますから、前田藩の国内拠点として重視されてしかるべき要素は備えていたと思います。

■前田利長、一代の隠居城

 城は、慶長14年(1609)に、利長によって築かれました。もともとは彼が隠居城としていた富山城が火災にあったための処置でした。城の縄張りは、前田氏の客将分でありいわく付きの金沢城築城にも携わっていた高山右近重友によるものです。城の一部には伏見城の遺材が使われたとも言われており、工事は半年ほどで終結しました。城の完成により、まだ関野と呼ばれていた当地は高岡と名を改められます。
 利長は、晩年を高岡城で過ごしました。そして5年後の慶長19年(1614)に亡くなっています。利長の死の翌年には改元があり、年号は元和と改められました。世に言う元和の一国一城令が発せられたのはまさにこの年のことで、主を失った形の高岡城はこのとき廃城となりました。築城からわずかに6年目のことでした。堀などは残し、城内の建物一切を撤去。跡地には代わって米蔵や塩蔵が建てられました。

■高岡古城公園

 江戸時代のごく初期に築かれ、廃城となった高岡城も、堀と言う、城を象徴する遺構が残されたこともあって、現在は高岡古城公園として整備されています。平城跡であるため、公園内に入ってしまうとそれほど城跡らしくはありません。このお城は日本城郭協会選定の日本百名城に選ばれているため、城跡としての見応えを期待して訪れると少々肩透かしを食わされてしまいそうですではありますが、情緒は残されているので公園としての環境は良く、高岡市民の憩いの場となっているようです。
 公園の一隅には、高岡城の主であった前田利長像が立っています。父利家と同様、異様とも思えるほどに背高の鯰尾兜をかぶった武者姿でたっており、さすが親子と感心させられました。

(2008年11月22日 初掲)















戻る
TOP