武田氏の遠州侵攻経路となった城。
高根城
所在地
別名
静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方
:久頭合城
築城者
築城年
:奥山氏
:15世紀


お城スコープ > お城総覧 > 高根城

■武田対徳川

 戦国武田氏の版図は、最盛期の勝頼時代に至ると、本拠地である甲斐信濃を中心にしてその周辺国にまで跨るようになっており、信玄晩年以来の攻略目標であったと思われる徳川氏勢力とは、三河国と遠江国において勢力圏を争う形になっていました。大まかに俯瞰すると、両国の平野部を領有する徳川家康に対し、山間部から地力で勝る勝頼が、じわりじわりと侵食を開始しつつあったというのが、天正初期の両勢力の状況です。
 遠江国内でも高天神城などは、駿河国から平地の街道沿いに進出してきた武田氏の大兵力により落とされていますが、小土豪が割拠し、両勢力の緩衝地帯的役割を果たしていた三遠の山間部では、向背常なき在地勢力に対し、両陣営とも虚虚実実の外交・調略合戦を繰り返していました。
 秋葉街道沿いの北遠州に位置する高根城も、そうした武田と徳川の間で揺れる土豪の城の一つでした。

■三氏の狭間で

 城自体が築かれたのは天正期より百年以上も遡る15世紀前半のことだったと考えられ、その主は土豪・奥山氏でした。もともと遠江地方は今川氏の影響力が及ぶ地域だったこともあり、古く奥山氏は、今川氏に従属することでこの地域の支配を保っていたようです。
 状況が変わって来るのは、武田氏による伊那地方支配の確立と、今川氏の没落や徳川氏の台頭が重なった時期で、多くの辺境勢力がそうであったように、奥山家中でも三者のいずれに味方するかで分裂が発生しました。元亀の頃には武田氏勢力下に組み込まれており、三方ヶ原の戦いの時には、武田氏による遠州侵攻の足がかりとなっていたと考えられます。この際には、徳川方の秋葉街道の守りであった二俣城も落ちています。
 以後、このラインは徳川氏の喉元・浜松城に突きつけられた刃のような意味を持つことになり、徳川方が窮地を脱するのは、長篠の戦いで武田氏に痛撃を与える時期を待つことになります。
 高根城が徳川氏の支配に服するようになったのは、すなはち同氏による遠江統一がなった時期であり、城は程なく廃城となったと考えられています。

■戦国山城の復元

 平成の大合併を経た現在では、まがりなりにも政令指定都市である浜松市の一部・天竜区となった水窪の町ですが、元来が山間と言う地形のため、現在も道路交通には難が残り、相変わらず山深い印象の残るところです。高根城はそんな水窪の町を見下ろす山上にあります。
 平成5年以降に行われた発掘調査では、各種建物礎石のほか、城内道が完全な形で発掘されており、戦国山城の縄張りを研究する上での重要な資料となっています。
 現在は、一般的な戦国期の山城の特徴に基づく模擬復元が行われており、井楼櫓、城門などが復元されています。模擬復元なので、昔日の高根城に存在した建物を正確に再現したものではありませんが、非常に見栄えの良い城跡となっています。規模の小ささは、小領主の城に見合ったものと言えます。

(2010年07月06日 初掲)















戻る
TOP