木下藤吉郎、墨俣に城を築く。
墨俣城
所在地
別名
岐阜県大垣市墨俣町墨俣
:一夜城
築城者
築城年
:木下秀吉
:永禄9年(1566)


お城スコープ > お城総覧 > 墨俣城

■墨俣城縁起

 かつて墨俣城があった場所は、美濃斎藤氏の居城・稲葉山城(後の岐阜城)から10kmあまりの距離にあり、山の上に建つ城を望むことさえできると言う場所でした。稲葉山城を取り囲む支城を攻略し、そこを斎藤氏攻略の橋頭堡することに失敗した信長にとって、この地に城を築くことは戦略上必要不可欠なことでした。しかし、それ故に斎藤氏側も織田氏の築城作業を再三にわたり妨害し、佐々成政らの築城作業は挫折してしまいました。
 永禄9(1566)年、木下藤吉郎秀吉は主君織田信長から墨俣の地に城を築くと言う任務を与えられます。秀吉は前任者の失敗から、木曽の山中から切り出した木材を長良川の川上で加工した後、川の流れを利用して墨俣まで運び、現地で建物の形に組み立てると言うプレハブ式工法を立案しました。そして、斎藤軍による攻撃に耐えながら、短期間のうちに墨俣に城を築くことに成功しました。秀吉はその功を認められ、墨俣城の城代に任じられました。
 墨俣城は俗に一夜城と呼ばれますが、いかに現地での作業が組み立てだけとはいえ、さすがに一夜のうちにすべてが完成したわけではありません。城を一通りの形にし、斎藤軍を撤退させて以降も改修を続け、少しずつ堅牢さを増していったと言います。
 

■少し前までは伝説の城

 秀吉の出世物語の中では、懐中の草履、芝奉行、清洲城の壁普請の話に続いて、蜂須賀小六正勝との出会いと絡めて語られることの多い墨俣一夜城建設ですが、実のところ、このエピソードが巷間語られるほど重要なものであったかを疑問視する意見も少なくありません。
 もともと、墨俣一夜城の話は秀吉のプロパガンダ的な性格の強い史料の中に見られる話で、最近までは半ば伝説視されていた逸話です。20年程前、前野家文書が発見されたことで俄かに脚光を浴びるようになった感がありますが、前野家文書の正当性もまだ確定していないと言うのが実情です。
 また、完成した墨俣城がその後の織田軍の軍事行動に有効利用された形跡もはっきりとはしていません。どうも、実際的な軍事基地としての利用と言うより、斎藤氏の美濃支配に動揺を与え、配下の武将の切り崩しを有利に進めるための示威の城としての側面もあったようです。
 現実には今ひとつ影が薄く思えてしまう墨俣城は、信長が美濃を併呑すると、急速にフェードアウトしていきます。小牧長久手役の際には、若干の改修を加えて利用された形跡もあるようですが、いつの間にか歴史の表舞台から姿を消しています。水害に遭い易い場所に建っていたことから、洪水で押し流されたとか、自然消滅したとか言われています。
 

■「町民の永年の夢」

 実際の墨俣城は、城とは言うものの実態は塀や柵、櫓、掘っ立て小屋のようなもので構成された砦に近いものだったと考えられています。現在のような天守は存在していませんでした。現在の墨俣一夜城の建物は、旧墨俣町民(建設当時)の間でも賛否両論があったようですが、「町民の永年の夢」の結晶であるようです。内部は資料展示のほか、町民ギャラリーとしても利用されています。
 歴史上天守が存在していなかったのに、墨俣城と同じように近年になって建てられた模擬天守の城は全国にあちこちあります。また、天守の存在そのものは伝えられていながら、「形状がわからないから」という理由で、地元有力者の好みの形の天守閣が建てられてしまった城もあります。「何だかなあ」と思う面もあるのですが、そのあたりを曖昧にしたまましれっとされるよりは、墨俣城ほど公明正大に「模擬天守である」と言ってくれた方が、見ている側としてはいっそ気持ちがいいものです。
 

(2008年03月01日 初掲)





















戻る
TOP