真田郷の核心に位置する城。
真田氏本城
所在地
別名
長野県上田市真田町長
:真田山城
築城者
築城年
:真田氏?
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 真田氏本城

■真田家の一族

 上田に行ったことは何度かありますが、上田駅前に降り立つたび、上田の人の真田一族に対する思い入れの強さを感じずにはいられません。駅前の街並みには、真田氏にちなむデコレーションが凝らされています。あるいは、観光協会その他からの要請によるものなのかもしれませんが、最近ではゲームの影響で、幸村こと信繁(というよりもはや真田幸村というキャラクターなのかも知れません)の意匠が掲げられていたりします。とは言え、真田人気は歴史が古く、ある種国民的なものと言って良いでしょう。昨今のゲームに限らず、私も池波正太郎の「真田太平記」に感銘を受けた口ですし、そもそも「太平記」もゲームも、講談における真田氏関係者の活躍を下地にして成立したものと言えます。
 これまで数度にわたる私の上田行きは、いずれも攻城旅行で、しかもその全てが真田氏がらみの城でしたが、安房守昌幸が築いた上田城、昌幸の祖父・幸隆が調略で落とした戸石城と来て、今回はついに真田氏の本拠と目される真田氏本城、あるいは真田本城の登場です。

■推定本城

 しかし史跡としての名称こそ真田氏本城となっているこの城ですが、実は本当に真田氏の本城であったと言う確実な裏づけがありません。真田郷に存在する諸城の中での位置と、その規模から真田氏系の城の中でも中枢に相当する物と推定されている城というのが実情です。真田氏の名がはっきりと史料に登場する以前に、真田氏が本城としていたと推定されています。
 いずれにせよ、ある程度古い時代の城ということにはなるため、規模や遺構、土木工事の跡等、後年の山城に見られるほど大掛かりな物ではありません。真田郷を隔て、戸石城を遠望できる辺りに、真田の里の展望台としての価値が認められるといったところでしょうか。
 近場には、真田氏居館跡に隣接して建てられている真田氏歴史館があり、幸隆、昌幸、幸村と繋がる系譜を中心に、幸隆以前、長篠で討ち死にした昌幸の兄・信綱ら、松代藩の開祖となった信之についても、解説が加えられています。このほか、近隣には昌幸の墓が伝えられる長谷寺と、信綱らを弔う信綱寺があります。
 真田氏本城そのものは、名前から受ける印象に反して真田氏の足跡をたどる行程の目玉たりえないのかもしれませんが、真田郷内を経巡る過程で立ち寄っておくべきスポットの一つではあるでしょう。

(2013年03月20日 初掲)















戻る
TOP