戦国大名三木氏の居城。
桜洞城
所在地
別名
岐阜県下呂市萩原町桜洞
:なし
築城者
築城年
:三木直頼
:16世紀


お城スコープ > お城総覧 > 桜洞城

■前期三木氏の本拠

 桜洞城は、飛騨の戦国大名だった三木氏の居城として知られています。それほど歴史の長い城だったとは考えられておらず、数十年間にわたって三木氏本城の役割を果たした後、新たに築かれた松倉城にその地位を譲り渡し、支城の一つとなったとされています。同時にこの城は、三木氏の冬城であったと言われ、降雪のない時期にあっては現在の高山市の郊外に位置した松倉城に居していた三木氏も、雪深い時期にはこちらの城を利用していたとも伝えられています。
 台地の端部に築かれた城は、山城と言うよりは平山城の位で、さほど峻険な地形に築かれたわけではなさそうですが、一応後背に川を背負っており、まったくの無防備でもないようです。ただ、現在の城跡は、総じてほぼ見るべき遺構もない状態となっています。一応、段上の削平地のほか空堀もあり、そういう目で見れば辛うじて城跡らしい地形を残していると言った程度です。そうした現況から、下呂市の指定史跡にはなっているようです。

■姉小路家の一族

 ところで、三木氏は飛騨の国司であった姉小路氏の系譜が断絶した折に、その名跡を半ば乗っ取っています。京都にそういう地名があるように、姉小路家は公家の流れです。つまりは高貴な家柄であると、出自を飾ろうとしたのでしょう。ただ、山国の小大名の悲しさで、近世以降は奮いませんでした。織田信長の横死後、飛騨を統一するまでの勢力にはなりおおせたものの、佐々成政に与した結果、羽柴秀吉麾下の金森長近に滅ぼされました。時勢を見誤ったと見ることもできますが、飛騨の地理からして、秀吉に着いて柴田勝家らと戦うのは苦しいと判断したのかもしれません。大名として滅亡してしまった後は、徳川家臣として細々続いたのだそうです。

(2018年06月14日 初掲)









戻る
TOP