安芸国人の雄・吉川氏の城。
小倉山城
所在地
別名
広島県山県郡北広島町新庄
:小蔵山城、小倉城
築城者
築城年
:吉川経見
:14世紀


お城スコープ > お城総覧 > 小倉山城

■吉川氏の安芸入国

 吉川氏は藤原南家の流れを自称した家柄で、吉川の名は平安中期に一族が駿河国へ移りすんだ時に起こったとされます。さらに時代が下った鎌倉時代の中ごろには、安芸国大朝本庄の地頭職に任じられました。吉川氏と安芸国の結びつきが生まれたのはこの時のことで、地頭職に就いてから数十年を経て、吉川氏は大朝本庄の在地支配に乗り出しました。
 小倉山城が築かれたのは、南北朝時代の、吉川経見の時のことだったとされています。経見時代には、戦国時代に至るまでの吉川氏の勢力基盤が確立されていますが、安芸国の戦国時代は小規模な国人領主が離合集散を繰り返し、隣国からは大内氏や尼子氏が圧迫を加えてくる混沌の時代で、武門の家として知られる吉川氏も、易々と勢力を拡大することはできませんでした。そこで国人領主同士が協力し合う外交戦略も求められるようになり、それが同じ国人領主であった毛利氏との濃い姻戚関係を生みだすことになりました。そして、とどのつまりはそうした毛利氏との結びつきが、吉川氏に変転を呼び込むこととなったのでした。

■毛利親子による吉川氏乗っ取り

 毛利元就の二男・元春は、安芸国の有力な国人領主であった吉川興経の養子に入って、吉川氏を支配下に治めています。同じく小早川氏の養子でありながら、幼少の頃、嗣子無く当主の斃れた相手の家から乞われて養子に入った弟・隆景とは異なって、元服も済ませた青年期の養子入りでした。その実態は事実上の吉川氏乗っ取りだったようです。実際、元春の吉川氏継承後、興経とその実子は殺害されており、このあたりの経緯には非常に生臭いものがあります。
 ただし、元春の吉川氏入りにはそれなりの根拠もありました。興経の叔母にあたる女性が元就夫人で、その息子・元春も吉川氏の血を受け継いだ子ではあったのです。そこに吉川氏の内訌が絡み、元春による乗っ取り劇が成立したのでした。血統が根絶やしになったわけではないことだけは、吉川氏にとっての救いだったのかもしれません。
 吉川氏を継承した元春は、同氏累代の城であった小倉山城に入りましたが、間もなく日野山城を築いてそちらに移っています。元春の城としては日野山城の方が有名なためか、小倉山城自体は元就の妻「おかた」の生まれた城として売り出されています。

■観光にも耐え得る城跡?

 現在の小倉山城址は、近年の発掘調査を元に良く整備されています。山城ながら浜田自動車道の大朝ICからのアクセスが容易な立地のため、観光客の訪れを意識して整備が進んだものなのかもしれません。前述の通り毛利元就夫人の存在をアイキャッチに用いているのも、コアなお城ファン・歴史ファン以外を取り込もうという目論見からでしょうか。平成9年(1997)のNHK大河ドラマ「毛利元就」では、原作の性質から元就夫人がキーパーソンの一人となっていました。
 かなり立派な駐車場から主郭部までは、ものの十分も歩けばたどり着くことができ、途中に心臓破りの登りなどもなく、攻略の容易な城と言えましょう。どちらかと言えば小規模な城跡ながら、突出部を平らに均し、空堀を巡らせ、土塁を築いたその縄張りには、戦国山城の特徴がよく現れています。あまり目立ちませんが、一部には石垣も残っています。場所によっては帆立柱建物基礎部分が復元されており、往古にはこの上に時代劇さながらの建造物群が存在していたのかと、想像を巡らせる楽しみもあります。
 目玉となる遺構には欠けるものの、総じてとっつきやすい城跡です。

(2009年10月16日 初掲)





















戻る
TOP