北国の要所に位置する海城。
小浜城
所在地
別名
福井県小浜市城内
:雲浜城
築城者
築城年
:京極高次
:慶長6年(1601)


お城スコープ > お城総覧 > 小浜城

■京極氏の築城

 若狭国には、若狭武田氏以来用いられてきた後瀬山城という城がありましたが、戦国期の城らしく山上に築かれていたため、平和な時代の為政者が領国統治の拠点とするには不利な一面もありました。そのため、関ヶ原の戦いを経て若狭国に封じられた京極高次は小浜に新たな城を築きました。これが小浜城です。
 現在でも海に近い場所に位置していますが、もともとは海と川を天然の水堀として用いており、俗に海城と呼ばれる形態の城だったと伝えられています。

■小浜城の戦略的価値

 しかし京極氏は、城の完成を見ずに加増転封され、後には徳川家譜代の臣である酒井忠勝が入りました。京極氏は徳川将軍家の姻戚として厚遇され、忠勝は老中・大老職を務める高級幕閣となりました。
 裏を返せば、それだけ小浜城が幕府から重く見られていたということでしょう。北陸道と山陰道のバイパスとなる要衝を押さえる城だったというのを重く見られたのかもしれません。あるいは、小浜はいわゆる鯖街道によって京都ともつながっており、体感的な意味では今よりずっと都に近かったためその点を重要視されたのかもしれません。おそらくはその両方を持って、徳川幕府において重きを成した大名が封じられる城となったのでしょう。

■陸に取り込まれた海城

 その小浜城の城跡は、明治維新後に少しずつ破壊が進み、現在では本丸周辺が小浜神社の境内として辛うじて保たれているに過ぎません。往時よりはずっと規模を縮小していますが、周囲を取り囲む石垣は概ね残存していて、部分的にとは言え旧時代の雰囲気を良く残しています。
 もう一つ残念な気もするのが、海城の名残をとどめていないことで、神社の周囲は住宅地化しています。後世埋め立てなどで海岸線が前進した結果なのだと思われますが、海辺の町の宿命的なものといったところでしょうか。

(2017年11月15日 初掲)

















戻る
TOP