「千人殺し」の高石垣が残る城。
延岡城
所在地
別名
宮崎県延岡市東本小路
:県城
築城者
築城年
:高橋元種
:慶長6年(1601)


お城スコープ > お城総覧 > 延岡城

■延岡市中の平山城

 延岡城のある城山は、延岡市の市街地に残された城山です。城は慶長6年(1601)に高橋元種によって築かれたもので、もともとは県(あがた)城と呼ばれていました。
 元種は、岩屋城の激戦で名高い高橋紹運とも関連のあるでした。少々ややこしい話になりますが、元来は大友氏に従っていた高橋鑑種が毛利氏に唆されて離反、結局再び大友氏の軍門に下るも高橋氏当主の座を追われ、代わってその名跡を継いだのが紹運、他方大友氏の没落後に鑑種自身が秋月氏から迎えた養子が元種でした。玉砕の最期を迎えた紹運とは違い、元種は秀吉による九州征伐後に日向国県に五万三千石の所領を得たのでした。
 当初は近郷の松尾城を居城としましたが、新しい時代に相応しい城として元種が築いたのが延岡城です。北に五ヶ瀬川、南に大瀬側が流れる中州、前述したように周囲からも突出した、城地としては最適の選地でした。古くは宇佐八幡宮領を支配していた土持氏の城が築かれていた故地とも言われています。

■城山を取り巻く石垣

 江戸初期の大名が近世城郭を築く際には、広大な城下町を営むために新城地を求めていることが多いのですが、延岡城の場合は拡張性に富んだ城下町を持つには多少は不利な立地という気もします。築城思想に関して言えば、城が山上から平地へと下りて行く過渡期の城だったのかもしれません。
 城の完成から十年で元種は改易され、以後も延岡城主はなかなか定着を見ませんでした。元種の後は有馬氏が入り、有馬氏時代に今の城跡に見られるような形が整えられましたが、元禄5年(1692)に三浦氏が、正徳2年(1712)には牧野氏が、延享4(1747)には内藤氏がそれぞれ入封し、内藤氏時代に明治維新を迎えました。城主の格はいずれも十万石未満で、元種時代から三層天守を備えていたとは言われているものの、三浦氏入封の直前にはそれ焼失し、城全体の規模は総じて小大名に似つかわしいものだったと言えます。
 しかし、丘陵を石垣で固めた延岡城の作りは、九州南部の城としては異風な印象を受けます。特に城址の一角に残る「千人殺し」と呼ばれる高石垣は圧巻で、伝承によればその一部を外すと石垣全体が崩れ落ち、たちどころに多くの寄せ手を葬るのだとか。おそらくは伝説に過ぎない話でしょうが、見上げるような石垣には見るものを圧倒する迫力があります。
 他には特筆するほどの遺構は残されていませんが、現在の城址は延岡の町を見渡すには最適の公園となっています。

(2009年05月13日 初掲)















戻る
TOP