小田原北条氏による伊豆支配の城。
韮山城
所在地
別名
静岡県伊豆の国市韮山韮山
:なし
築城者
築城年
:外山豊前守
:文明年間(1469〜1487)


お城スコープ > お城総覧 > 韮山城

■北条早雲の韮山入り

 「お城スコープ」ではこれまで、北条早雲にちなむ城として高越城興国寺城小田原城を取り上げてきましたが、彼とのつながりが濃密な城の紹介は、ここ韮山城をもってひとまずの区切りとなるのではないかと思います。
 韮山城は、今川の客将格となった早雲こと伊勢盛時が、興国寺城から関東へと進出を果たそうとしていた時期の居城です。堀越公方の内紛に乗じて足利茶々丸を攻め滅ぼした盛時は、甥である今川氏親の力を後ろ盾にして伊豆の平定に成功しました。韮山城は伊豆半島の付け根に位置しており、伊豆の隅々にまで支配力を浸透させるにはいくらか不利とも思われる立地でしたが、後年の小田原北条氏の支配地を俯瞰する時、興国寺城と小田原城を結ぶ中継点であることに気づきます。

■北条氏の重要拠点

 韮山城の築城時期は不明ながら、現地の案内板によれば文明年間に堀越公方の家臣・外山豊前守によって築かれたのが最初だと考えられているようです。そこへ大々的に手を加えたのが盛時で、明応4年(1495)に小田原城を奪取するまではこの城を本拠にしています。小田原城に本拠地を移してからの盛時は相模一国の平定を成し遂げていますが、家督を嫡男氏綱に譲った後は、韮山城で没したと伝えられています。
 その後の韮山城は、伊豆支配の拠点として北条氏領国内で重要な意味を持ち続けました。さらに、豊臣秀吉による小田原征伐の際には、北条氏系諸城が次々と攻め落とされていく中にあって、三ヶ月も持ちこたえるなど、その堅城ぶりを発揮しています。
 北条氏の滅亡後は徳川家康の領国に組み入れられましたが、江戸時代を待たず慶長6年(1601年)に廃城となりました。

■富士の見える城

 韮山城は、形態上は平山城か丘城と言ったところに分類されます。堅城とは言われるものの天嶮という雰囲気でもありません。
有名武将にゆかりのある城ながら、遺構そのものには期待せずに訪問した韮山城。とあるサイトで城址から富士山を遠望した美しい写真が公開されているのを見て、同じような眺めを期待した部分はあります。結果的に私が韮山に着いた頃には、富士山頂には雲がかかっており、期待したような眺めを目の当たりにすることはできませんでした。
 その反面、城跡には遺構が良好な状態で残されています。公園として整備されるにあたり、残存の遺構が復元されたものかもしれませんが、土塁や堀類が良く残っています。この場所がかつて、確かに城跡であったことを容易に想像できます。なお、現在では韮山高校の敷地となっているあたりには御殿があったと考えられていますが、こちらは特にそれらしい痕跡も残されていません。
 ちなみに、城跡から比較的近い場所には、源頼朝の配流時代にちなんだ蛭ヶ島公園もあります。

(2010年04月15日 初掲)















戻る
TOP