奥州の名門・浪岡北畠氏の居城。
浪岡城
所在地
別名
青森県青森市浪岡大字浪岡
:浪岡御所、
築城者
築城年
:北畠顕義
:応仁年間(1467〜1469)


お城スコープ > お城総覧 > 浪岡城

■陸奥の平城跡

 良好な保存状態で残る山城というのは、それはそれで価値あるものなのですが、これは、日本各地に比較的多く残されているのもまた事実です。山奥にあるため、人為的かつ積極的な破壊に晒されるケースが少なかったためですが、逆に言えば平地の城跡というのは、開発などによる破壊に、常に脅かされているとするべきなのかもしれません。と言うより、当今でこそ史跡が無節操に踏みにじられることも減りましたが、それでも主だった平城跡は、過去の市街化の過程の中で、すでに多くが破壊され、取り返しがつかなくなってしまっています。
 その点、青森市の郊外にある浪岡城址は、戦国平城の遺構を良く留める稀有な城跡の一つであると言えるでしょう。その歴史的な価値に鑑みて、国の指定史跡ともなっています。

■浪岡北畠氏

 浪岡城の築城時期は、応仁年間と推定されていますが、いまだ不明な点も残るようです。居したのは、陸奥の名族・北畠氏の流れを汲んだ浪岡氏。その始祖とも言える北畠顕家は、楠木正成・新田義貞らと共に後醍醐天皇を助け、足利尊氏を破っては天下にその武勇を轟かせた人物です。
 顕家の庶流であった浪岡氏は、浪岡城を居城としていたことから、奥州では「浪岡御所」などと称されるほどの権勢を誇りましたが、足利尊氏討伐戦において、武運拙く顕家が討ち死にを遂げ、天下が足利幕府の下に治められるようになると、幕府の意を受けて東北に配された諸大名から圧迫を受け、次第に勢力を減じていきます。もっとも、応仁の乱が勃発し、幕府の統制が緩んだ戦国時代、再び浪岡具永という傑物が現われた天文年間に、浪岡氏は最盛期を迎えました。
 しかし、変転目まぐるしいのが戦国乱世。具永が逝去し、同族間の争いで再び勢力にかげりが見え始める頃、戦国陸奥最後の勝者となった大浦(津軽)為信が頭角を現していきました。そんな中の天正6年(1578)、浪岡氏最後の当主となった顕村は、為信により居城であった浪岡城を落とされました。顕村は、その際に自害したとも、落ち延びてひっそりと余生を送ったとも言われていますが、戦国大名としての浪岡氏は、正しくこの時に滅亡しました。
 浪岡城の廃城時期は定かではありませんが、徹底した破却は免れていたようで、いつしか田畑となり、その状態のまま、国の史跡指定を受ける昭和の時代を待つことになります。

■城跡の保存と整備

 浪岡城があるのは、青森市内とは言っても、市の中心部からは山一つ隔てた郊外。近在の県道沿いにショッピングセンターが建っていたりもしますが、基本的には農村地帯と言っても良いような場所で、そのおかげで徹底的な破壊が行われないまま済んでいたようです。
 昭和40年代、当時の浪岡町によって城の故地の公有化が進められ、昭和52年から10年をかけて発掘調査が行われました。その後、建物の復元などは行われていないものの、発掘調査の成果を元に、ある程度の史跡整備が行われ、堀で仕切られた曲輪群の姿や、館建造物の基礎から、その配置などを見て取ることが出来ます。御所に準えられる規模を誇っていたこともあり、往時ならちょっとした環濠集落のような威容だったのかもしれません。
 とは言え、訪問時期があまりよくなかったか、雑草が伸びていたため、地形をつぶさに実感できたと言うわけではありませんでしたが。場所が場所なだけに冬場の訪問にも難があると思われ、春か秋が攻城のベストシーズンとなるでしょう。

(2011年12月04日 初掲)





















戻る
TOP