ヒガンザクラの咲く北山王国城跡。
今帰仁城
所在地
別名
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊
:なし
築城者
築城年
:不明
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 今帰仁城

■北山の衰亡

 今帰仁城の築城時期は13世紀ごろなのではないかと推測されていますが、築城者は明らかにされていません。一つ間違いなさそうなのは、首里城で中山世土の理念を掲げた中山王国と対立した、北山の王城として築かれたらしいという点です。後に琉球の統一は中山によって成し遂げられたため、それ以後の今帰仁城は軍事拠点としての意義を失い、祭祀場である御嶽の機能だけが残されたのではないかと考えられています。
 石造遺構以外は何も残っていない琉球のグスクにあって、今帰仁城に限っては、掘立柱のようなものが再現されています。また、火神の祠というものも本丸相当の郭にありますが、これも近年に再造されたものなのでしょうか。

■観光地化の進む古城

 今帰仁城も、海を見下ろす台地の上にあります。琉球に平城を築く文化がなかったのかどうかは寡聞にして知りませんが、世界遺産に登録されたグスク群の中で唯一未訪の座喜味城も、小高い丘の上に位置していたようです。沖縄本「島」と言うくらいなので、海と山の距離は近く、ある程度の防御力を期待する上で、山に近い場所に陣取る傾向が顕著に表れるのは理の必然なのかもしれません。現地は、海岸段丘というほど海側に向かって顕著な高低差があるわけではなく、山からなだらかに下って行く感じの地形となっています。そのかわり、東側は深く切れ落ちた谷になっていて、そちらに向かっては天険を誇ったと思われます。城域はかなり広く、石垣も四方八方に伸びている感じです。
 参考までに、ここも有料施設です。今帰仁村として観光資源にしようという意欲が旺盛なのか、ヒガンザクラの名所でも売ろうとしている節がありますが、場内の通路部分が並木道化しているのには何となく違和感を覚えるところです。なお、桜の開花時期は1月下旬から2月上旬にかけての時期なのだそうです。

(2017年08月12日 初掲)























戻る
TOP