土佐の雄・一条氏の居城。
中村城
所在地
別名
高知県四万十市中村
:為松城
築城者
築城年
:為松氏
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 中村城

■土佐の御所

 土佐の戦国大名ということになれば、まず何と言っても長宗我部元親でしょう。他地方の有力大名に伍して戦っていけるだけの地力を持っていたかについては、色々と議論もありますが、彼が事実上の四国統一を成し遂げたこともまた、間違いはありません。
 とは言え、その戦いの道のりは、決して平坦なものではありませんでした。四国統一の前段となる土佐統一は、父・国親からの二代にわたる戦いの成果でしたが、戦国初期の土佐には、当時の長宗我部氏と同格の実力を持つ七人の国人領主が割拠していました。さらにその盟主とも言える存在として、1ランク上の武威を誇っていたのが、中村城の一条氏です。「長元物語」は、その頃の土佐の国情を、「大名七人、御所一人」と既述していますが、これはつまり、土佐一国を日本全土に見立て、その中で七人の有力国人は大名に相当し、それを統べる御所(将軍)として一条氏が君臨しているというほどの意味です。

■関白の都落ち、栄光、落魄

 そもそも土佐一条氏の歴史は、応仁の乱に際して、関白一条教房が、土佐国幡多荘に下向したことに始まります。幡多荘に一条氏の所領があったためですが、教房は土佐に権力の基盤を築くことに成功します。その居館は中村御所と呼ばれ、京の街にも準えられる繁栄を享受しました。
 教房の子孫は土着化し、近隣の大名・国人領主と交わって戦国大名へと変貌していきました。四代房基の時代、つまり「御所一人」の頃になると、一条氏はその最大版図を築き上げましたが、房基の子兼定の時、家臣との間に重大な不和が生じます。そして、急速に勢力を拡大した長宗我部元親により、その混乱に乗じられる形で中村を追われ、戦国大名家としては滅亡の時を迎えました。
 戦国でも有数の暗君として知られる兼定ですが、その評価は、敵方であった長宗我部氏によって、実態以上に貶められているような気がしないでもありません。国親の幼少時代、滅亡寸前にまで追い詰められていた長宗我部氏に、再起のための援助を施したのが、他ならぬ土佐一条氏の二代・房家で、長宗我部氏にとっての一条氏は正しく大恩ある相手に他ならなかったのですが、これを討つ非道を糊塗するため、元親が兼定を「討たれても仕方のない人物」に貶めたという見方も出来ます。

■わずかに残る城郭遺構

 さて、一時は栄耀栄華を極める一条氏の居所となっていた中村城ですが、一条氏の滅亡後は、土佐国内の一拠点となり、長宗我部氏が関ヶ原の戦いで没落して、代わりに山内一豊が土佐一国に封じられた時には、一豊の弟である康豊が一時期城主を務めました。しかし、元和の一国一城例を受けて廃城となり、その役割を終えました。
 中村城とは対になる中村御所の名も比較的良く知られているため、イメージとしては公家の館風の城を思い描いてしまいがちですが、戦国の城らしく、四万十川を眼下に見下ろす山上に築かれていたようです。現在、大半の遺構は失われているものの、一部に石垣が残り、辛うじて城郭時代の面影を忍ばせています。
 なお、城跡には城郭を模した四万十市立郷土資料館が建っていますが、これはいわゆる模擬天守で、過去に実在した城を復元したものではありません。その名の通り、四万十市の郷土史に関する展示が行われているようですが、戦国史よりは近代、特に幕末維新の展示物に力が入っているあたり、土佐らしいと言えるでしょうか。

(2011年04月06日 初掲)















戻る
TOP