小田原北条氏の自滅を誘った城。
名胡桃城
所在地
別名
群馬県利根郡みなかみ町下津
:なし
築城者
築城年
:沼田氏
:延徳4年/明応元年(1492)


お城スコープ > お城総覧 > 名胡桃城

■歴史は勝者が創るもの

 豊臣秀吉を主役サイドに据えた創作作品はいくつかありますが、秀吉の天下統一事業にとって、事実上最後の敵として立ちはだかった小田原北条氏は、いかにも最後の強敵然とした描かれ方をすることが多いようです。すなはち、奥州の伊達政宗と連携し、一方では秀吉の麾下となった徳川家康と婚姻関係を結んで気脈を通じ、東北日本に反秀吉連合の構築せんと画策する大物というわけです。
 史実では、敗戦・滅亡の運命を辿った小田原北条氏ですが、しかし秀吉を相手にした一連の戦いに、気宇壮大な策略どころか、相応の覚悟と戦略をもって臨んだかについてさえ怪しいところがあります。後年「小田原評定」の故事成語で知られるようになった、一枚岩になりきれない家中の様子は、その実情を雄弁に物語っていたのではないでしょうか。そもそもそれ以前に、小田原征伐の発端となったいわゆる「名胡桃城事件」にも、北条家中の惑乱が見て取れるのです。

■謎の名胡桃城事件

 後に天下を揺るがす大事件の舞台となる名胡桃城は、上野国に数ある城の一つでした。沼田地方を領有していた沼田氏が築いた城であるとか、上州平定を目指す武田勝頼が、真田昌幸に命じて築かせた城であると言われていますが、その起こりには諸説があります。いずれにせよその存在には、沼田地方の紛争を睨む城としてより以上の意味はありませんでした。もっとも、現実に諸勢力がこの地方の帰属を巡って争う際には、ゆるがせにできる城でなかったことも事実で、真田氏と北条氏は、武田氏の滅亡後も沼田地方の領有を巡り、名胡桃城を一拠点として争いを続けることになります。
 この争いは、最終的には秀吉が発した惣無事令と、その延長線上にある裁定により、沼田地方のおよそ三分の一に相当する名胡桃城付近は真田氏に、残りは北条氏に領有されることになり、さらに北条氏政が上洛と秀吉への出仕を約束したことで、決着を見ることになった…かに見えました。
 ところが、後日沼田城に入った北条方の将・猪俣邦憲は、謀略を用いて名胡桃城を奪い取ってしまいます。これに激怒した秀吉は、小田原征伐の陣触れを出し、ついに北条氏は滅亡の憂き目を見ることになりました。経緯はどうあれ、一度は恭順の意思を示した北条氏が、秀吉の不興を買うこと必至の暴挙に出た不自然さから、名胡桃城事件は北条氏を滅ぼしてしまいたい秀吉によって仕組まれた狂言だったとも言われていますし、そこまで穿たずとも北条側の首脳である四代・氏政と五代・氏直の路線対立に原因を求めることは可能ですが、いずれにせよ上州の小城が歴史を大きく動かした事実に変わりはありません。
 北条氏滅亡後、沼田地方は真田氏の領するところとなり、その役割を終えた名胡桃城は廃城となりましたが、城の果たしたもう一つの役割とは、関東の雄に引導を渡すことに他ならなかったのかもしれません。

■草生す城跡

 ここまで述べてきたような事件もあって、史上有名な名胡桃城。長らく訪ねてみたい城の一つではあったのですが、城そのものの遺構が地味で簡素なためか、現地みなかみ町においても、さほど強くPRする意向がないのか、やや扱いが軽いようです。一応の最寄り駅であるJR上越線後閑駅から城を目指そうとしたとき、これという道案内も無く、思ったよりも難渋しました。
 城は利根川と赤谷川の合流地点に面した河岸段丘上に築かれており、中世の城としてはごくオーソドックスな地選に基づいて築かれていると言え、目を引く奇抜さがあるわけではありません。遺構も、曲輪跡が確認できるほかは、土橋や虎口の痕跡も認められます。が、全般に何か出色のものがあるというわけではなく、現在では芝生広場のようになっています。城郭遺構そのものに期待するよりは、歴史的事件の舞台となった場所という気持ちで訪問するのが無難でしょう。

(2010年10月17日 初掲)





















戻る
TOP