国人領主の居城から下越の鎮めへ。
村上城
所在地
別名
新潟県村上市本町
:本庄城、臥牛城
築城者
築城年
:本庄氏?
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 村上城

■越後の国情と揚北衆

 新潟県は、細長い県です。今でこそ、その県庁は県央の新潟市に置かれていますが、まだこの地が越後国と呼ばれていた戦国時代、群雄割拠する同国内で頭角を現したのは、上越地方、国内南西部の頚城郡に本拠を置く長尾氏でした。長尾景虎は後に上杉謙信と名乗りを改め、すなはちこの謙信時代に最盛期を迎えるに至りますが、そんな中にあって独特の地位を占めていたのが、新発田城の項でもその存在に言及した下越の国人領主たち、揚北衆でした。
 村上城もまた、その源流を辿れば揚北衆の一画を担った本庄氏の居城でした。本庄氏もまた新発田氏と同様に、謙信に対して反旗を翻したことがありますが、後に許され、江戸時代に至って重臣に列せられています。

■目まぐるしく変わる城主

 現在見られる近世城郭村上城の礎を築いたのは、上杉氏の後から越後に入った堀氏の与力大名・村上頼勝でした。本庄氏以前の城は、城主と同じく本庄城と呼ばれていましたが、領主の交代に合わせ、城名も新領主の名と同じ村上城に改められています。
 村上氏の在城期間は短く、跡を受けた堀氏の一門・堀直寄が城をほぼ完成させました。ところが、堀氏の統治も短命に終わり、以後は忠勝系の本多氏、松平氏、榊原氏、再び本多氏、松平氏、間部氏、内藤氏と、目まぐるしく藩主の変わる時期が続きます。最初の本多氏時代には三層の天守を誇っていたと言う村上城ですが、10年と経たず落雷で焼失し、藩財政が慢性的に逼迫していたこともあり、ついに再建されることはありませんでした。
 内藤氏より前の藩主は、概ね1代か2代、よく続いて3代で転封となっており、内藤氏の入城も江戸時代半ばの享保年間の出来事に過ぎません。これだけ藩主が良く変わった藩というのも他にはなかなかありませんが、本多氏以降は親藩・譜代が治めたことについては一貫しており、江戸幕府の体制下において、吹けば飛ぶような小藩の扱いでなかったことだけは読み取れます。
 結局、この内藤氏に至ってようやく藩主は落ち着きを見、そのまま明治時代を迎えました。

■中性山城と近世城郭の遺構

 現在の村上城は、臥牛山の山上を中心に、石垣や門、天守、櫓の跡など近世城郭の面影が色濃く残りますが、実際には近世曲輪から少し外れた区画には、帯曲輪や虎口など、中世山城の遺構も残されています。ただ、中世山城遺構の常か、夏場の訪問となると下草が伸び放題になるのが泣き所で、さりとて豪雪帯の新潟県に付き物の弱みとして、当然冬の訪問もバツとなるのが悩ましいところです。
 なお、村上はサケの遡上でもよく知られる街ですが、村上藩士・青砥武平治が、江戸時代にサケの回帰性を利用した漁法を確立したことが、その下地となっているのだそうです。江戸時代に、わりと科学的な知識に基づいて漁を行っていたと言うのは、注目に値するところでしょうか。

(2013年01月30日 初掲)















戻る
TOP