浦上氏累代の居城。
三石城
所在地
別名
岡山県備前市三石
:なし
築城者
築城年
:伊東宣祐
:元弘3年(南)/正慶2年(北)(1333)


お城スコープ > お城総覧 > 三石城

■赤松氏による三石城奪取

 浦上氏系の城郭と言う印象が強い三石城ですが、もともとは鎌倉時代の終わりごろに、伊東宣祐によって築かれた城だったようです。後醍醐天皇による鎌倉幕府討伐・元弘の乱に関する史料にその名が見られます。
 後醍醐天皇の令旨に応じて挙兵した播磨の赤松円心は、備前と播磨の国境に位置する船越峠で伊東氏を破り、これを屈服せしめて、三石城を背後の守りとした上で、六波羅探題を攻撃しています。
 室町幕府の成立後には、赤松氏の家臣であった浦上氏が三石城に入れられました。本来境目の城としての性格が強い三石城ですが、この城に入ったことがきっかけとなって、浦上氏は備前に進出する足がかりを得ることになりました。

■二つの浦上家

 戦国時代、赤松家中で宿老としての地位を確立した浦上氏は、家中の舵取りを巡って主家と対立するまでに力をつけ、浦上村宗の時には、主君である赤松義村によって居城である三石城を攻められるまでの事態になりました。この時、堅城に守られたこともあって、村宗はこれを撃退しています。
 浦上氏と赤松氏の間出勃発した紛争は、浦上氏の声望を高めると共に、赤松氏の威信を失墜させる結果にもつながり、旧主のくびきを逃れた浦上氏は、やがて戦国大名として自立の道を歩むことになりました。
 独立後の浦上氏は、たびたび旧主の領国である播磨への侵攻を繰り返すと共に、備前へも勢力を伸ばしていきましたが、村宗の子である政宗と宗景の時に、兄弟間で家中を二分する争いを生じ、やがては天神山城に立った宗景が主流派となって、家中が再編されていくことになります。本来嫡流であった政宗は、備前国から追われました。浦上氏旧来の本城であった三石城も、本城の座を外れ、国境防備を担う立地から、領国統治の一拠点となりました。廃城時期は明確ではありませんが、毛利氏や織田氏といった有力大名の介入によってこの地域の勢力図が書き換えられるに至って、いつしか廃城となったようです。

■堅城を偲んで

 決して知名度が高いとはいえない三石城ですが、戦国山城の跡としては、比較的良好な遺構が残る部類に入ります。三石は元来、山陽道の通る地で、現在もJR山陽本線が走り、その駅もありますが、この山間の町を見下ろす山上に、城は築かれました。
 麓から眺めると、とりたてて高山峻岳と言うほどでもない城山ですが、自分の脚で歩いてみると、意外に登り応えのある山です。20分ほどをかけてたどり着いた山頂部は、尾根を均して築かれた連郭式の曲輪跡になっています。周辺には土塁や石垣、堀切などが残っています。広さもなかなかのものですが、後年、浦上氏最盛期に整備されたと思われる天神山城に比べれば、一回りか二回りほど小さな城です。一時代の本拠とは言え、宗景による宗家掌握後は、さほど精力的には改修拡張工事が行われなかったということの現われなのかもしれません。

(2012年04月25日 初掲)















戻る
TOP