仙道の領主・田村氏の城。
三春城
所在地
別名
福島県田村郡三春町字大町
:舞鶴城
築城者
築城年
:不明
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 三春城

■征夷大将軍以来の家

 三春城は、戦国時代にこの三春一帯を支配していた領主・田村氏の城です。一説に田村氏の一族は、かの征夷大将軍・坂上田村麻呂の子孫とも言われていますが、これには疑義も多いというのが実情です。史実としての確実性においても、一般的知名度の高さにおいても、伊達政宗の正室・愛姫の実家とした方が通りが良いかも知れません。特に、大河ドラマが大ヒットした時代には、さぞや地元による売り出しが熱を帯びていたこと思われます。
 南東北に割拠する蘆名氏や相馬氏といった強豪大名と比べ、実力的には劣るとみなさざるを得ない田村氏ではありますが、それでも陸奥の名門であった伊達市の御曹司との縁組がかなったのは、田村氏と伊達氏が当面の敵を同じくしていたからにほかならず、典型的な政略結婚でした。この縁組が伊達氏にとってどの程度有利に働いたかは評価が難しいところですが、最終的に宿敵蘆名氏の撃滅を果たすことができたのには、田村氏の存在を仙道に打ち込むくさびにできたとみなすことができるのかもしれません。また、少なくとも田村氏にとっては伊達氏の縁組は意義あるものであり、その独立を保つ上では重要な要素となりました。
 ただ、愛姫の父である田村清顕には他に子供がおらず、傍流にあたる宗顕が家を継いだものの、豊臣秀吉による小田原征伐に参陣しなかったことを咎められ、改易の憂き目を見、一時その家系は途絶えてしましました。しかし時代が下ると、政宗と愛姫の孫にあたる宗良が、田村氏の再興を果たしました。母である愛姫たっての願いであったと、伝えられています。

■外様大名の城として

 そんな田村氏ではありましたが、三春城は田村氏の改易後も蒲生氏や上杉氏など、会津の領主の支城として存続しました。のち、松下氏が領主となった際に近世城郭への転身を果たしたと考えられています。余談ながらこの松下氏は、秀吉の最初の主として知られる松下之綱の系譜に連なる大名でした。ただ、これも改易され、出羽に勢力を誇った安東氏の末にあたる秋田氏が入城しました。秋田氏の統治は明治維新まで続きました。そうじて外様の小大名が治める城としての位置づけを与えられていたとみるべきでしょうか。この地域の大名家は、幕末維新の時期に世にいう奥羽越列藩同盟を結成したことで知られますが、三春藩はこれに参加しなかったため、三春城が戦雲に飲まれることはありませんでした。しかし、新時代の到来とともに廃城となり、その遺構も多く失われました。
 現在城跡としてたどれる範囲は、後年の開発により規模を縮小した旧城域の一画にすぎず、小規模な城郭との印象は受けますが、曲輪の跡や門の跡などはあり、城郭時代のよすがをしのぶことはできます。

(2017年04月28日 初掲)















戻る
TOP