金森長近の隠居城。
小倉山城
所在地
別名
岐阜県美濃市港町
:なし
築城者
築城年
:金森長近
:慶長10年(1605)


お城スコープ > お城総覧 > 小倉山城

■戦国武将一代

 飛騨高山の領主として知られる金森長近は、多くの主君を渡り歩いた人でした。
 もとは美濃の国主だった土岐氏の家臣筋でしたが、土岐氏一族の内紛の末に美濃国を離れたのち、雌伏の期間を経て織田信秀に仕えたと言われています。信秀亡き後は、その後継者である信長に仕え、織田氏の勢力拡大に伴って、柴田勝家の与力となりました。やがて信長が本能寺で倒れると、勝家の陣営に属することになりますが、その勝家も羽柴秀吉に敗れ、長近は降伏の後、秀吉に仕えることになりました。姉小路氏の討伐に功あって飛騨に所領を与えられたのがこの時期のことでしたが、関ヶ原の戦いに際しては東軍に属し、戦後しばらくして隠居の身となりました。
 後背常なき奸臣と言うよりは、仕えた主筋の家運の浮き沈みが激しく、いやおうなしにさまざまの勢力を渡り歩くことになったという方が正確でしょう。ただ、長近自身は無事に乱世を泳ぎ切り、関ヶ原の戦いの後、無事に隠居の身となりました、その隠居城として築かれたのが小倉山城です。

■小さな城、小さな城下

 小倉山城は、長良川に臨む小高い小倉山に築かれていました、現在では、遠くからも山頂に建てられた城郭風の建造物が目につきますが、これはあくまで展望台に過ぎず、城跡としての名残を良く留めるのは、山腹の美濃市図書館周辺がもっぱらのようです。
 ここにも櫓風建造物があり、これは考証も特に意識されてはいなさそうですが、その基礎部分にある石垣は、城郭時代の痕跡と言えるもののようです。高山藩の二代目は長近の養子となっていた可重が継ぎ、以後金森氏の系譜はこの可重の子孫に受け継がれていきます。一方、長近の隠居に前後して、彼に実子・長光が生まれました。実に八十歳を超えてからの子でしたが、この長光が小倉山城を継ぎました。
 ただ、長光は夭折したため、小倉山城は城は、長近の没後それほど時を経ずして廃城となりました。跡地には尾張藩の代官所が置かれました。金森氏二代によって統治された時期が上有知藩に当たり、この時期に城下町としての機能が一通り整備されました。
 小倉山城周辺には、現在も川湊灯台やうだつの町並みなど、古い時代の様子を偲ばせるものが残されています。

(2017年01月26日 初掲)

















戻る
TOP