森氏ゆかりの戦国山城。
美濃金山城
所在地
別名
岐阜県可児市兼山
:兼山城
築城者
築城年
:斎藤正義
:天文6年(1537)


お城スコープ > お城総覧 > 美濃金山城

■森一族と金山城

 金山城は、斎藤正義によって築かれた城でした。正義は、斎藤道三の義理の息子にあたり、そうした背景もあってこの地を任されたようです。古名を鳥峰城とも言い、金山城あるいは兼山城というのは、幾分か時代が下ってから用いられるようになった名でした。この金山城の名を使い始めたのが、森可成です。
 可成の旧主は、道三によって追われた土岐氏だったため、道三との関係には微妙なものがあったらしく、信長を新たな主としてよく仕えました。武功派の人で、戦場での活躍が目立ちましたが、浅井・朝倉両氏との戦闘の中で討ち死にを遂げました。そしてその子が森蘭丸成利で、一般には彼のほうが有名なためか、地元では蘭丸ゆかりの城という売り方が主になっているようです。彼らの例に限らず、森氏は戦死の多い家柄なのか、成利以下三人の兄弟は本能寺で亡くなっていますし、長男の可隆も越前天筒山城攻めですでにこの世になかったため、可成の跡目は次男の長可が継ぎましだ。ところが、長可も世に知られるように小牧・長久手の戦いで討ち死にしたため、最終的に森家の家督は忠政が継ぐことになりました。

■見どころ多い山城

 ともあれ、しばらくは森氏の金山統治が続いたものの、後に忠政は信濃松代に国替えとなりました。主のなくなった金山城の部材は、犬山城の改修に使われたと伝えられています。従って現在の金山城址には、現存建物の類は何もありませんが、石垣が残されているほかに、建物の礎石も見つけることができます。また、枡形の痕跡も比較的明瞭に残されており、城跡としての痕跡はそこかしこに残されている感じです。それらを踏まえてなのでしょう、現在は国の史跡に指定されており、訪れる人もまばらな戦国山城の跡などとは対照的に、山城の跡ではありながら、比較的多くの人の訪問を受けているようです。ある程度眺望に恵まれているのに加え、花木も植えられていることから、公園感覚で足を運ぶ人もあるのかもしれません。

(2018年12月05日 初掲)

















戻る
TOP