本多忠勝が築いた水城。
桑名城
所在地
別名
三重県桑名市吉之丸
:扇城
築城者
築城年
:本多忠勝
:慶長6年(1601)


お城スコープ > お城総覧 > 桑名城

■水城・桑名城

 現在水堀などの遺構が残っている桑名城は、武田信玄をして「家康に過ぎたるもの」と言わしめた勇将、徳川四天王の一人である本多忠勝が築いた城です。戦国ファンに限らずとも忠勝人気は高く、桑名城跡・六華公園にも忠勝像が立っています。その手に携えた名槍・蜻蛉切のむやみな長さが非常に印象的です。
 もっとも、桑名城は彼が築いたのが最初ではなく、古くはこの地にあった土豪によって建造された城でした。後に織田信長が伊勢に侵攻し、織豊政権下にあっては滝川一益をはじめとする織田や秀吉にゆかりの武将たちがこの地に入りました。
 桑名城は揖斐川の流れを利用した水城として有名で、東海道七里の渡し・桑名港はこの城のすぐ近くにありました。現在に残る水堀もまた、これによって城内の曲輪を仕切っていると言うより、水の中の浮島に城跡が残っている風情で、数ある城跡の中でもかなり特徴的な景観をなしています。
 また、この城の一部には現在の鈴鹿市にあった神戸城の部材が転用された神戸櫓の跡も残されています。
 

■本田忠勝入封

 忠勝が桑名に移封されたのは、関ヶ原の戦いの後でした。豊臣秀吉が没し、反家康の急先鋒だった石田三成を取り除いた事で名実共に家康が新たな天下人となった時期の事です。もはや彼を止めるものは無く、国内の大名をことごとく意のままに動かせるようになった流れの中で、東海道の要衝、七里の渡しの一方の港である桑名に自分の息がかかった譜代を配置したものです。
 箱根の関所を管理する小田原に、同じく譜代であった大久保氏を入れたのと同じ考えからだったのでしょう。ただ、桑名に入った忠勝の石高はわずかに10万石でした。秀吉が加藤清正らの子飼いを厚遇したのとは対照的で、功臣を実力の伴わない名誉職に付けた様なイメージが強く漂います。
 もっとも、同じ四天王の榊原康正は、老臣が力を持つのは国を滅ぼす元になるからと意って、家康が天下をとった後も多くを望まなかったと言いますが、忠勝の胸のうちも同じだったのかもしれません。
 

■三河譜代と家康

 丸岡城の項でも触れていますが、三河武士団はその家族組織的な団結力を源泉とすることで戦国の世に強さを発揮しましたが、家康、そして徳川家当主が征夷大将軍に就任し、名実共に専制君主であるためにはこの三河的体質がかえって仇にさえなりました。そのため、影となり日向となり家康を支えてきた譜代たちであっても、主家に対して強い発言力を有することが無いように、実力を与えないようにしたものだとする考え方もあります。ちなみに本多氏は、後に姫路に国替えとなっており、この段階でようやく四天王の家の面目躍如と言ったところでしょうか。
 家康のために献身的に働いてきた忠勝の胸中を思うと、傍目にはどうしても報われない感じが拭い去れないのですが、水堀を中心とした遺構に見る桑名城が、まるで庭園のように整備された立派なものだったことが救いです。
 

(2008年03月01日 初掲)















戻る
TOP