北条氏支配下での隆盛とその終焉
小机城
所在地
別名
神奈川県横浜市港北区小机町
:飯田城
築城者
築城年
:山内上杉氏?
:15世紀


お城スコープ > お城総覧 > 小机城

■北条氏による併呑

 滝山城の場合と同様に、小机城もまた山内上杉氏系の城だったのが北条氏の支城に組み入れられたものだと考えられています。北条氏の本拠である小田原に比較的近いこともあって、北条氏が治めるところとなって以降、この城が大規模な戦闘の舞台になったという形跡はありませんが、むしろ、上杉氏に属していた時代にはその内紛の舞台となったこともあったようです。
 特によく知られるのは、扇谷上杉氏の家宰であった太田道灌による城攻めです。道灌は、山内上杉氏家中の勢力争いの混乱に乗じ、小机城を陥れたとされています。扇谷上杉氏は、川越夜戦で北条氏に敗北、当主である朝定を失った扇谷上杉氏は滅亡の運命をたどりましたが、それに前後する時期、小机城は放棄されていたと考えられています。後に北条氏が修築し、武蔵における拠点の一つとして隆盛を見たようですが、豊臣秀吉による小田原征伐の折にはなすすべもなく落城し、その後は再び廃城となりました。

■大都市郊外の山城跡

 城跡は現在、小机城址市民の森として整備されていますが、史跡整備と言うよりは、里山整備と言う方が近いのでしょうか。曲がりなりにも城跡なので、人為的な平地が多く、自生したものとは考えにくい竹林が目立つのも普通の里山とは違うところですが、竹は後世に植えられたもののような気がします。そのほかに土塁や空堀、櫓跡などが残されています。独立丘に築かれた城はさほどには大きくなく、主だったところを見て歩いても、さほどの時間はかかりませんでした。
 遺構はある程度残されていますが、発掘調査とそこから得られた知見のフィードバックはそれほど大々的には行われていない城跡。そんな印象は受けました。しかし、大型のスタジアムや高速道路が間近に迫る位置にありながら、それでも城郭らしい遺構が残されていることを高評すべきなのかもしれません。

(2019年04月26日 初掲)









戻る
TOP