高水寺斯波氏の興廃を見た城。
高水寺城
所在地
別名
岩手県紫波郡紫波町二日町
:斯波御所、郡山城
築城者
築城年
:高水寺斯波氏
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 高水寺城

■消滅した大名

 高水寺城があるのは紫波郡紫波町(しわぐんしわちょう)です。紫波郡(古くは斯波郡)は、もともと足利氏の一門の子孫と言われる高水寺斯波氏が、南北朝のころに当地一帯を領有したことに始まる地名なのかとも思えるのですが、実際には相当歴史の古い地名らしく、その起源は詳らかでありません。そもそも高水寺斯波氏が、本当に足利一門である斯波氏につながるかどうかも判然としないところがあるのですが、16世紀中葉に隆盛を極め、「斯波御所」と呼ばれるほどだったと伝えられています。
 そこから少し時代が下り、天正の頃になると、北に「三日月の丸くなるまで南部領」と謳われる南部氏の最大版図が現出し、もろにその圧迫を受けた斯波氏は、南部晴政の足下に置かれることになりました。以後は振るわず、相次ぐ家臣の離反を招き、半ばは自然消滅的に、高水寺斯波氏は滅亡しました。実のところ、その最後の当主が誰であったのかについては、資料によって異同があるようなありさまなのだそうです。一時代に名を成した大名の末路としては、異例であると同時に、一抹の寂しささえ覚えます。

■地味な城跡…

 高水寺城は、そんな斯波氏が本拠とした城です。一名を郡山城とも言います。紫波中央駅の北東に位置し、現在は城山公園として整備されています。紫波町の指定史跡ともなっていますが、わりとあちこちに手を加えられているらしい公園で、例によってどこまでが城郭本来の遺構であるのかは判然としません。ただ、本丸だったと思われる最上段の平地を頂点に、小丘陵の斜面上に段々と広場が作られているのは、城本来の縄張りを引き継いだものであるということで間違いないと思われます。
 客観的には地味なお城と言う印象です。ただこの城は「信長の野望」シリーズではわりと名前が頻出する城でもあります。城盗りシステムに移行して以来、陸奥の地は城の密度が低い状態が続いていますが、そうした中で比較的配置しやすい場所に位置した城だと言うのが大きいのでしょう。他愛もないが、そんなことを思いました。逆に言うと、それほどに見どころの乏しいお城でもあります。

(2016年01月11日 初掲)

















戻る
TOP