高橋紹運玉砕の城。
岩屋城
所在地
別名
福岡県太宰府市大字観世音寺
:なし
築城者
築城年
:高橋鑑種
:天文年間(1532〜1555)


お城スコープ > お城総覧 > 岩屋城

■毛利氏に備えるために

 学問の神様・菅原道真を祭る太宰府天満宮の裏山、飛鳥時代に築かれた朝鮮式山城として知られる大野城のある四天王寺山に連なる岩屋山に、岩屋城はありました。
 足利尊氏が肥後の菊池氏を押さえるために置いた三検断の一家であった高橋氏は、戦国時代には豊前大友氏の麾下として存続していました。同時期、一度は途絶えそうになった高橋氏の名跡を継いだのが一万田氏の出身であった高橋鑑種です。主家の命により筑前に入った鑑種は、天文年間に本城宝満城を築く傍らで支城として岩屋城を築いています。中国地方で急速に勢力を伸ばしていた毛利氏への備えであり、鑑種は立花鑑載らと共に中国地方からの敵に備えました。これに先立って中国地方では、大内義隆が陶隆房(のち晴賢)の謀叛に倒れるという事件があり、この時大友義鎮(宗麟)は隆房の求めに応じ、一門の晴英を大内の新当主として送り込み、中国方面への影響力を強めていたのですが、結果的に晴賢が元就に敗れ、その脅威が大友本国にまで迫りつつありました。
 ところがこれに前後する時期、当の大友氏は後継者問題を巡るお家騒動(二階崩れの変)に揺れ、さらには新たに当主となった義鎮の専横が目立ち始めるなど、数多の問題が噴出していました。鑑種の実家である一万田氏も一連の流れの中で冷遇され、彼の心は次第に大友から離れていきます。そんな時、鑑種に調略の手を伸ばしてきたのが敵であるはずの毛利元就でした。敵と戦う最前線がかえって敵に取り込まれると言う事は往々にしてありますが、元就の誘いに応じた鑑種はついに義鎮に対して反旗を翻すに至ります。この反乱には僚友であった立花鑑載も加わりましたが、戸次鑑連(のちの立花道雪)に敗北して立花氏は滅亡。毛利氏が北九州方面に戦力を割く余裕を欠くようになると、毛利・大友間で講和が成立します。元就の後ろ盾で戦っていた鑑種も次第に孤立無援の状況に追い込まれていき、ついに岩屋城は大友軍によって包囲され、降伏を余儀なくされました。ついに鑑種は大友家中から追放され、結局は毛利氏系の独立領主のような形に落ち着きました。

■高橋紹運の入城

 こうして九州でも有数の名門だった高橋一族は大友家中から去り、後には彼が築いた宝満城と岩屋城が残りました。また、名門の途絶を惜しむ声も大友家中には根強く、義鎮は吉弘鑑理の次男鎮種を高橋の家に入れて、再びその名跡を保つように計らいました。彼が後の高橋紹運です。紹運は鑑種の残した城を継承し、同じように西大友とも呼ばれたもう一つの名門立花氏を相続した立花道雪と共に、斜陽化の進む大友氏を脅かす敵と闘うことになります。今度の敵は、宿敵である尼子氏を滅ぼして再び九州に侵攻を開始した毛利氏の他、大友の弱体化で急速に勢力を伸ばした肥前の龍造寺氏なども加わっており、主家を取り巻く状況は以前よりも厳しさを増していました。
 やがて天正14年(1586)。ついに最大の脅威、日向耳川の戦いで大友氏を破り、長きに渡る凋落のきっかけを作った薩摩島津氏との戦いの時がやって来ます。天下人秀吉による九州征伐に先んじて九州を平定するべく動き出した島津氏は、五万とも言われる大軍を投入して岩屋城に攻め寄せます。もはや大友氏に昔日の勢いはなく、秀吉による庇護なくしては島津氏に蹂躙されてしまうのは時間の問題です。岩屋城は秀吉軍の到来まで主家を持ちこたえさせるため、少しでも長く島津軍の戦力をひきつけておかなければなりませんでした。城内に篭るのは紹運以下763名と伝えられる兵力。ここに岩屋城は、史上語り継がれる壮絶な篭城戦の舞台となりました。

■嗚呼壮烈

 篭城戦は半月にわたって続きます。結果、城兵は一人残らず討ち死に。対する島津勢も小さな山城一つを相手に数千人単位の死傷者を出し、また予想外のタイムロスを強いられる結果となりました。島津氏による秀吉への抵抗があっけないものに終わったのは、岩屋城攻めで受けた傷跡が影響していたとする見方も、今日少なくありません。壮絶な戦いの舞台となった岩屋城址には、現在「嗚呼壮烈 岩屋城址」と刻まれた石碑が立っています。有名な石碑ですが、誰がどのような経緯で建立したものかは寡聞にして知りません。碑の他にこれと言って目を引くものはありませんが、おそらく石碑周辺の広場が城郭時代に造られた削平地なのでしょう。広場は土塁のような土盛と腰曲輪を思わせる小さな平地によって取り囲まれているように見えますが、もしかすると城跡を取り巻くように整備された自動車道路によって、縄張りが大きく削られているのかもしれません。
 城跡とされる広場から道路を挟んだ下方に下ると、島津氏戦の城将であった紹運と、彼に付き従った多くの兵達の霊を慰めるための墓標が存在しています。人家からはやや離れたところにある墓にしては綺麗に掃き清められ、新しい花も供えられており、地元の人から敬われている様が伝わってくるようです。岩屋城址訪問は南の地福岡に似ぬ吹雪の中の訪城でしたが、思いがけぬ荒天と相まって、何か襟元を正したくなるような厳粛な気持ちを味わうことになりました。

(2008年04月01日 初掲)





















戻る
TOP