武蔵の有力武将・太田氏の城。
岩槻城
所在地
別名
埼玉県さいたま市岩槻区太田
:岩付城、白鶴城など
築城者
築城年
:太田氏?
:康正3年(1457)頃


お城スコープ > お城総覧 > 岩槻城

■太田氏と岩槻城

 岩槻城築城の経緯について詳しいところは分かっていませんが、長禄元年(1457)に太田道灌が築いた物、あるいはその父道真が築いた物と言われています。最近では異説もあるようで、現地の解説板ではこれに加え成田氏説も併記しています。
 いずれにせよ、太田氏の在城期間が長い城であったことは確かで、武蔵国一帯が敵対する小田原北条氏の勢力下に組み入れられた後の三楽斎資正の頃まで、太田氏の支配が続いていました。後に資正は北条方に内応した嫡男氏資によって城を追われ、当の氏資は北条氏康の養子となって城にとどまりましたが、時を経て戦死。嗣子がなかったために城は北条氏に接収されるような形になりました。
 やがて豊臣秀吉による小田原征伐が開始されると、岩槻城も豊臣方の攻撃にさらされ、二日のうちに落城しています。徳川家康が関東に移封となった後は、高力清長が城主となり、その後も譜代大名の居城として明治維新まで存続しました。

■岩槻城址公園

 岩槻城の名はそこそこ売れていて、そういう背景があったために以前から訪問の機会をうかがっていたのですが、現在ほとんど遺構らしき物は残っていませんい。「岩槻城址公園」と言う公園もありますが、城址に名を借りた普通の都市公園とでも言うべきものでしょう。一応、かつて城内にあったとされる黒門が、公園内に保存されてはいますが、それ以外では土塁と堀の痕跡が辛うじて往時の姿を留めているに過ぎず、それらも公園施設の片隅で息を潜めるようにしているため、一見した限りの印象と言うことになると、あまり城跡らしくありません。往時は元荒川の後背湿地に守られた城だったようです。
 なお、公園の近くには本丸と言う地名があります。名前から想像するに、こちらがその名の通り昔の城の中枢だったのかもしれませんが、現在はすっかり都市化されており、公園内以上に城跡の面影はありませんでした。ちなみに、岩槻城は、ある意味では北条氏系の平城らしく、総構えの城だったようです。

(2013年08月31日 初掲)









戻る
TOP