女城主の城。
岩村城
所在地
別名
岐阜県恵那市岩村町
:霧ヶ城
築城者
築城年
:遠山景廉
:文治年間(1185〜1190)


お城スコープ > お城総覧 > 岩村城

■日本三大山城の一つ

 日本三大山城の一つに数えられ、現在は女城主でも売り出し中の岩村城址です。江戸時代の府城(各地の政治の中心となった城)の中では最も高いところにあるお城だそうです。
 岩村城は、霧ヶ城の別名が物語るように、非常に霧の出やすい場所にある城でした。聞くところによると、霧が多いという地理的条件までも城の防衛のために利用しようと工夫が凝らされたようです。伝説では、敵軍がこの城を攻めると決まって深い霧に包まれ、攻撃することもままならなくなったと伝えられていますが、これはこの城の守護神である龍神の霊験であったとか。
 龍神伝説の真偽は別としても、岩村城が堅固な山城であったことは間違いなさそうです。現在岩村城址は整備されていますが、史跡としての分をわきまえた理想的な整備のされ方だと思います。整然と積み上げられた石垣や、本丸に通じる石畳などから、鎌倉時代に歴史の始まるこの城の歴代城主たちが心血を注いで城の改修を行なったことが見て取れるようです。
 

■女城主の城

 この城の歴史は非常に古く、もともと鎌倉時代に建設された物でした。後に織田方の武将・遠山景任が城主を勤めており、その景任に嫁した「女城主」こそ、織田信長の伯母に当たる女性でした。
 後にこの城は武田の武将、秋山信友に攻められています。そのとき、景任はすでにこの世になく、事実上岩村城の指揮権を握っていた遠山夫人は、抵抗して多くの血を流すより、戦わずして信友に降ることを選んでいます。そして城兵の命を助ける交換条件として、彼女は信友の妻となりました。
 信玄存命中は、信長側が武田と事を構えるのを避けたため、この城が再び戦場になることはありませんでしたが、武田が勝頼に代替わりし、織田氏が反攻に転じた時、この城は織田軍の猛攻の前に陥落し、信友夫妻は処刑されています。
 自分の血縁でありながら、武田の武将の妻となった伯母に対する信長の憎しみは深かったらしく、彼女には苛烈な処断が下されました。彼女の側も信長に恨みの言葉をはきかけながら死んでいったといいます。それからしばらくして、武田氏は甲斐天目山に滅亡し、それから半年と経たないうちに、信長も本能寺に散っています。
 伯母を処刑した信長の論理は、武士の論理であり、政治家の論理だったのでしょう。それに対する遠山夫人の論理は、人間のもっとも根源的な部分に根ざした物だったように思います。信長の時代から四百年余り経った現在も、洋の東西を問わず同じような二律背反が発生しているようにも思いますが、人間は結局何をしたいんでしょうかね。少し不思議な気がします。
 

■東濃の諸城攻略

 今回は日程に余裕が無く、城の裾の資料館から本丸跡まで一気に駆け上がるようにして登ったため、縄張りなどを詳しく見ることは出来ませんでしたが、ざっと見た感じでは、城壁や建物の配置次第で、非常に防御力に優れた城となりそうでした。
 ちなみに苔むした石畳は滑りやすく、かなり足に負担がかかるので、駆け上り、駆け下りることはお奨めできません。ルートは良くわかりませんが、本丸直下まで車で入れそうな雰囲気だったので、状況に応じて、どこから取り付くかを判断した方が良いかもしれません。
 なお、岩村城の近くには同じく石垣で有名な苗木城もあります。石を加工した上で石垣に利用している切込みはぎの岩村城に対し、苗木城の石組みは自然石(中には巨岩も)をそのまま利用しており、比較してみるのも面白いでしょう。日程に計画性を持って、二つの城を巡ることをお奨めします。
 

(2008年03月01日 初掲)





















戻る
TOP