もう一つの一夜城。
石垣山城
所在地
別名
神奈川県小田原市早川
:一夜城
築城者
築城年
:豊臣秀吉
:天正18年(1590)


お城スコープ > お城総覧 > 石垣山城

■二つの一夜城

 豊臣秀吉は、その生涯で二つ、一夜城と呼ばれるものを残したと言われています。一つは、織田信長に仕えていた頃に美濃墨俣に築いた墨俣城。もう一つが実質的に天下人となってから、小田原北条氏を征伐する際、その居城である小田原城の目と鼻の先に築いた石垣山城です。あまりにも違う状況の中で築かれた二つの城ですが、巷間言われているよりは遥かに謎や疑義が多く遺構も残っていない墨俣城に比べると、石垣山城は実に堂々とした、まさに天下人の城でした。
 現代で言うプレハブ工法によって工期を短縮したと言われる墨俣城に対し、石垣山城は木々に囲まれた山中で工事を続け、城がある程度出来上がったところで夜の内に一斉に木を切り払うトリックを用いて、一夜のうちに城ができたように見せかけたと言われています。未完の城壁などは、白い紙を張り巡らせてそれらしく見せたと言う逸話も残っています。何にせよ、小田原城に籠城する北条勢は、南西約3kmという指呼の距離にある石垣山上に築かれた城を目の当たりにして、さぞ度肝を抜かれたことでしょう。

■天下人の陣城

 石垣山城は城郭機能上の分類では、陣城と言うことになります。私も「あくまで臨時に築かれた城」という頭で現地を訪ねたので意表を突かれたのですが、幾分か崩壊しているとは言え、かなり大規模な野面積みの石垣の残る城跡です。現地解説によると関東で初めて築かれた総石垣の城であるとの事で、近江の穴太衆(あのうしゅう)が工事に携わったようです。
 石垣もさることながら、全体に造作の大きな城と言えるでしょうか。各曲輪がかなり広いのに加え、山城であるにもかかわらず大きな井戸曲輪跡が残っています。
 北条攻めのための城と言うイメージが強い石垣山城ですが、江戸時代を通じて小田原藩の管理下に置かれ、近年まで徹底的な破却は免れて来たようです。安土桃山時代に築かれた城では、その後に手を加えられて江戸時代を通して使用された例が多く、同時期の特徴を純粋かつ完全に近い状態で残す城跡は、全国的にも数が限られています。その点から石垣山城跡は、貴重な遺構と言えます。

■権勢の誇示

 北条攻めは、その陣容から言って、秀吉が軍勢を起こした時点で結果の見えた戦いでした。関東に点在する北条方諸城は、軒並み豊臣勢に陥れられ、小田原城そのものも大軍によって囲まれていました。その上さらにこれほどの陣城が必要だったとは、到底考えられません。
 秀吉は戦術上過分とも言える大規模山城の中で、天皇の勅使を迎えたり、淀殿を迎えて猿楽・茶会を催したりするなど、都にいるのと変わらぬ暮らしをしたと伝えられ、参陣した大名にも同様の陣中生活を勧めたようです。そうした情報は、何らかの形で籠城中の北条勢にも伝わったことでしょう。一夜城のパフォーマンスのことを考えると、むしろそうした情報は積極的に「漏洩」されたかもしれません。この城の本分はやはり、天下人の権勢を見せつけて北条勢の士気を挫く事にあったはずです。しかしながら、さらに言うのであれば、秀吉がその権勢をアピールしようとした相手には、小田原に参陣した麾下の諸大名も含まれていたのでしょう。一度恭順した大名が叛意を起こさないよう、駄目を押す意味合いです。石垣山城築城は、秀吉による天下統一事業が北条氏の征伐によって実質的に終りを迎え、国内から彼の敵が姿を消そうとしている時期のことでした。

(2009年07月13日 初掲)





















戻る
TOP