遠州の動乱に消えた天野氏の居城。
犬居城
所在地
別名
静岡県浜松市天竜区春野町堀之内
:乾城、鐘掛城
築城者
築城年
:天野氏?
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 犬居城

■北遠の領主

 遠江犬居城は、この地の国人領主だった天野氏の居城として築かれました。後年徳川氏に属する時期もあった天野氏ですが、徳川の家臣としてよく知られる天野氏とは、同族ながら別系統の家です。遠江の天野氏は、一族の中でも本流に位置づけられる家系でした。
 戦国時代には、今川義元を輩出した今川氏の勢力伸長に応ずる形で、その傘下にあった天野氏の威勢も振るいましたが、信遠国境に近い山間に所領を持っていた天野氏は、今川氏が義元という指導者を失って迷走を始めると、新たに勃興してきた徳川氏と、信濃に確固たる地歩を築いた武田氏の間で揺れることになります。一個の軍事力としての天野氏の勢力はさておくとしても、犬居城が位置するのは徳川氏の新たな本拠地・浜松城と、その北を守る二俣城のさらに北方にあたり、城の帰属は二つの大名家にとって重要な意味を持つものとなっていました。最終的に天野氏は、武田信玄の遠江侵攻に至ってその麾下に加わることになります。三方ヶ原の戦い前夜のことで、天野氏は二俣城攻撃の先兵となったと伝えられています。一連の戦いで徳川勢は武田勢に対し大敗を喫したものの、犬居城は武田本国から遠く、武田本体が甲斐に撤退すると敵中に孤立してしまいました。結局天野氏は徳川氏の攻撃を単独でしのぎきることができず、その一族は遠江から駆逐されました。

■不明点の多い歴史

 犬居城の場合、実は築城年・廃城年とも判然としません。天野氏の在地支配が本格化した南北朝時代に築かれたものとする説もあるようですが、定説となるほどのものではない様子。また、廃城年については、徳川氏が信濃を領有するようになったころには戦略上の重要性を失い、廃された可能性が高いと考えられますが、これも確たる証拠はないというのが実情のようです。
 現在、犬居城跡は静岡県指定の史跡となっており、この地域を代表する山城の痕跡を残しています。ただ、城郭遺構の保存状態について言えば、全国区の城跡やそれに準ずる城跡に比べて一歩も二歩も譲るものといった印象を受けるのが正直なところで、削平地形らしきものが目に付く以外は、さほど明瞭な遺構は残されていません。
 なお、城跡には東海自然歩道が通っており、かつての主廓には、櫓を模した展望台が設置されています。これ自体は模擬復元とさえも言えないコンクリート製の建物ですが、昭和築城盛んなりし時代に建設されたと思しきそれは、当時の地元の熱い思いを受けて誕生したものだったようです。

(2017年04月28日 初掲)















戻る
TOP