戦国北東北の雄・安東氏の居城。
檜山城
所在地
別名
秋田県能代市檜山
:霧山城、堀ノ内城
築城者
築城年
:未詳
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 檜山城

■みちのくの有力豪族

 秋田県北部の能代の地に築かれた檜山城は、戦国安東氏の居城として知られます。西国のそれほどには巨大な規模を備えたものが無い東北の山城群の中にあっては、かなり大きな部類に入る城で、16世紀にこの地で権勢を誇った安東氏の昔日を偲ぶことができます。
 安東氏は、中世以降、東北地方北部から蝦夷にかけて勢力を保った豪族でした。当時の京洛から見れば、地の果てのようだったみちのくの豪族らしく、出自をまつろわぬ民の末であるとしている伝承もありますが、一般には安部氏の流れと考えられています。室町時代には、家中が二つに分裂し、そのうちの一方が、檜山城を本拠地にしました。檜山城は、安東氏による築城であるとも、他勢力から奪ったものを大改修したものとも言われていますが、いずれにせよ現在見られる遺構は、この時代の名残と考えて差し支えありません。

■安東氏の統合と檜山城の終焉

 さて、十三湊を支配下において勢力を拡大した豪族として、知る人ぞ知る存在の安東氏ですが、この湊は檜山家と相対する湊家の勢力圏に置かれました。湊家は、戦国時代末期の檜山安東氏に愛季が現われると、檜山家に吸収合併される形で消滅していますが、安東氏本拠の座は、逆に山間の檜山城から沿岸部の脇本城・湊城へと移り変わっていくことになります。山城から平城へと言う、近世以降日本各地の城で見られたのと同じ潮流に乗ったものとも言えますし、あるいは港の支配によって力を蓄えた氏族らしい、原点回帰とも言えるものだったのかもしれません。
 なお、湊城は秋田氏(安東氏より改名)に代わって秋田の領主となった佐竹氏の時に廃城となっています。海港に面していたとは言え、規模狭小で、大身の佐竹氏が領国経営を行うには手狭だったためだと言われています。

■秋田県下有数の山城

 檜山城は、標高145mの山上に築かれた山城でした。現地の解説によれば、日本の尾根上に設けられた曲輪を中心とした構成の城で、蝦夷館式馬蹄型山城とも称されるとのこと。「蝦夷館」と言うのは耳慣れない言葉ではありますが、かなり地域色の出た縄張りと言うことなのでしょう。「蝦夷」と言うのが、東北土着の民を表すものなのか、近世以降の北海道のことを意味するものなのかは、判然としません。
 夏場の訪問であったため、下草が伸び、地形が分かりにくい箇所もありましたが、城跡の保存状態は良く、かなり大掛かりに削平された曲輪跡や、土塁、堀切の類は容易に見て取ることが出来ます。枡形虎口なども、それらしい地形を読み取ることが出来ます。
 公共交通機関の運行状況に恵まれないため、マイカー利用でないと訪問はなかなか手間になりますが、逆に車さえ出せれば本丸直下までのアクセスが容易です。秋田県内でも訪問する価値のある山城の一つでしょう。
 ちなみに、城跡近くには北限の茶畑があります。みちのくです。

(2011年10月24日 初掲)















戻る
TOP