ひっそりと遺構が残る沿岸部の山城。
引田城
所在地
別名
香川県東かがわ市引田
:なし
築城者
築城年
:未詳
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 引田城

■生駒親正の入城、そして廃城

 引田城は、播磨灘にわずかに突き出した城山の上に築かれていました。もともと、讃岐の在地領主である寒川氏によりこの地に城が築かれたとも言われていますが、文禄年間に讃岐一国を与えられた生駒親正により、かなり大規模な改修が加えられたと考えられています。
 同時期に築かれた出自が似た城としては高松城丸亀城が挙げられますが、これら二城が香川県を代表する城として今日まで伝えられているのに対し、引田城の名はほとんど知られていません。現地を訪ねてみても、一見して近世城郭風のところは感じられず、どちらかというと戦国山城の遺構と言った方が直感的なほどです。どうやら江戸時代を通じて使われた他二城と違い、一国一城令により廃城となって終わったというところに起因する差のようです。

■保存整備の途上?

 現在の城山は、完全に自然のまま残されている里山というより、いくらかは散策路としての整備が行われているようです。雨中の攻城となった引田城行きでしたが、悪天候でも割と無難に登れる程度に登城路が保たれていました。
 それほど比高差のないこの小丘を登り詰めていくと、頂上付近が主郭になっており、ここに石垣が残されていました。もっとも、その保存状態はあまり良くないようです。遺構が残されていないわけではありませんが、訪城当時、南側の曲輪の一部に一目見てそれとわかる石垣がある以外は、崩落が進む石垣にブルーシートをかぶせて養生している状態でした。残念ながらこちらが城内最大規模の石垣だったようです。史跡整備の第一段階としてこの状態に留め置かれているのか、実質荒れるに任せているのかによっても評価は変わってきますが、少なくとも最も規模が大きいと思われる石垣を目の当たりにすることができなかったのは残念でした。ただ、そのあたりの保存整備は今後進んでいくものと思われます。

(2020年03月05日 初掲)









戻る
TOP