高山藩の支城。
萩原諏訪城
所在地
別名
岐阜県下呂市萩原町萩原
:諏訪城
築城者
築城年
:金森長近
:天正13年(1585)


お城スコープ > お城総覧 > 萩原諏訪城

■金森氏の飛騨統治

 萩原諏訪城は萩原の街中と言って良い場所に築かれていました。姉小路氏を滅ぼした金森長近は、その功を認められ、天正13年(1585)に飛騨の主となりました。その際、自身の本城として築いたのが高山城です。飛騨は山国ですが、同じ山国でも甲斐・信濃と勝手が違うのは、大きな盆地が高山周辺にしかなく、それ以外は狭隘な谷筋にわずかの平地が分散して広がっていると言う点にあります。つまり、国の中心を定めづらく、山を隔てれば統治機構がいきわたらなくなる恐れがありました。そのため長近は、いくつかの支城を築いています。萩原諏訪城はその一つということになります。

■諏訪神社の境内地として

 現在、跡地は神社となっています。その名の由来になったと思われる諏訪神社です。建っている建造物が城郭のそれではなく神社建築であると言う点を除けば、城地はほぼそのまま残っていると考えても良い状態のようです。傾斜地に築かれた関係で周りの土地とは高低差がありますが、四囲は石垣で囲まれています。立派過ぎるので後世に積み直されたものかと思いきや、一部は城郭時代から現存するものなのだそうです。そのほか、櫓台もほぼそのままの形で残っています。これも上にお社が建っているので、近年の土木工事なのかと思ってしまったのですが、そうではないと言われています。
 萩原諏訪城は30年ほど使われた後、元和の一国一城令により廃城となりました。

(2018年08月19日 初掲)











戻る
TOP