毛利氏の宿敵から一門筆頭へ。安芸国人宍戸氏居城。
五龍城
所在地
別名
広島県安芸高田市甲田町上甲立
:なし
築城者
築城年
:宍戸朝家
:14世紀


お城スコープ > お城総覧 > 五龍城

■元就の娘婿

 安芸の国人領主であった毛利氏が、中国地方の大半を領する大大名へと成長していく過程で、他の国人領主たちと姻戚関係を結んだ話には、これまでにも何度か触れています。その中でも最も有名なのは、元就の代に仕掛けられた、後の「毛利両川」こと吉川氏・小早川氏両氏への養子縁組でしたが、これは元就の家督相続から時が経ち、毛利氏が安芸国内でもある程度優越的な地位を手に入れてからの話です。
 元就による姻戚外交の最初は、父祖の代からの宿敵であった、宍戸氏へ娘を嫁がせたことでした。この縁組は、後年勃発する吉田郡山城の戦いにおいて、まず値千金と言って良い効果を挙げることになります。そして、この宍戸氏へ嫁いだ娘が、世に言う五龍姫。これは、宍戸氏累代の居城である五龍城から発生した通称でした。

■宍戸氏の安芸下向と毛利氏との敵対

 宍戸氏の祖は、鎌倉幕府の御家人、つまりは関東武士でしたが、功あって、関東周辺で安堵された所領の他、安芸国にも所領を与えられました。当初、安芸の所領は代官によって統治されていましたが、鎌倉時代の終わりごろになると、宍戸氏自身が在地支配を行うようになったと伝えられています。五龍城が築かれたのは、それより少し後の南北朝時代のことだったと考えられており、その城名は、城内に水を得るために勧請した五龍王にちなむと言われています。
 その後の五龍城は、毛利氏の姻戚・一門衆筆頭として、宗家毛利氏の国替えに従って安芸を去るまでの間、宍戸氏の本拠地として存続したと考えられています。その間には、当時は敵対関係にあった毛利氏によって攻められたことも幾度かありましたが、よく持ちこたえたようです。ついに城が落ちることはありませんでした。
 今日的感覚で言えば、五龍城と毛利氏の本城であった吉田郡山城との間は極めて接近しており、両氏の間に長らく緊張関係が存在していたことにも頷けるところがあります。

■不落の連郭式山城

 五龍城は、甲立盆地の南西端に位置しており、木村川と可愛川に挟まれながら舌状に延びる山地の突端部にあたります。現在では城跡としてより、宍戸司箭神社の名前の方が前面に出てきているほどです。
 城山は、決して高い山ではないのですが、両側面の川面とはかなりの高度差があり、しかも切れ落ちるような崖になっているため、南北から攻め上がるのは容易なことではありません。攻城となれば、城の西方尾根から攻めるのが一つの戦術となるのでしょうが、当然この方面には深い堀切が二箇所にわたって存在し、防御力が高められています。つまり、この堀切によって、城域は大まかに三区に分かれた連郭式の様相を成しているのですが、見学できたのはそれらの中でも一番東側に位置する区画の最奥部・本丸跡まででした。本丸の後背には深い空堀が存在しており、今日に至ってもなお、城跡の尾根上を行き来する者の行く手を阻んでいるかのようです。
 なお、段々に構成された曲輪群を防御するようにして、今も土塁や石垣の一部も残存しています。

(2011年12月24日 初掲)















戻る
TOP