伊賀国有数の山城。
福地城
所在地
別名
三重県伊賀市柘植町
:福地氏城
築城者
築城年
:福地氏?
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 福地城

■信長に味方した伊賀国人

 伊賀国に多くの土豪が割拠していた歴史については、何度か触れたことがありますが、そういう背景がある以上、戦国時代の当地には多くの城が築かれていました。その規模も大小様々だったようですが、福地城はその中でも大きなものの一つだったとして良いでしょう。城主である福地氏は南北朝時代にこの城を築き、以後ここを居城としていたとされます。
 織田信長の勢力が国内に及ぶに至っては、伊賀の国人領主としては珍しくこれに与しましたが、ゆえに裏切り者としてかつての仲間からの憎悪を一身に集め、信長が本能寺に倒れると、城を支えきれず他国に落ち延びたと言われています。そのためか、城に関しても城主福地氏に関しても資料は限られているようで、現地の看板で「城主は福地伊予守宗隆で、『満済准后日記』に日置、北村と共に柘植三方と呼ばれ、当地方の国人であった。」と簡単に説明されているのみです。「満済准后日記」が15世紀初頭の史料なので、同時代以外のことはほとんど記録に残っていないのかもしれません。従って廃城時期も定かではありませんが、福地氏が去った後は、池尻平左衛門尉なる人物が城主となったと言うことです。また、ともかくも福地氏一門が命脈を保ったことから、その子孫である松尾氏の中から、松尾芭蕉を輩出したと伝えられています。

■見どころはあるけれど…

 福地城跡は、名阪国道柘植ICの近くにあります。現在は、松尾芭蕉の故郷であるかのように錯覚しそうな、芭蕉公園と言う名の公園になっています。芭蕉が生まれたのは現在で言う伊賀市内だったことは間違いがないようですが、別に福地城内で生を受けたというものではありません。芭蕉の先祖が暮らした城跡と言うところから、そのような公園名が付いたようです。それでも現在の園内には、芭蕉の句碑がいくつか存在しています。
 土塁・空堀などのほか、一応石垣も現存していますが、これがまた曲者です。最近の工事によるものとの判別は難しいのが実情です。また、立地から推察するには名阪国道の建設工事の際に縄張りの一部が削られていそうです。総じて、見どころがないわけではありませんが、城跡としては、見せ方がうまくないような気はします。名前と言い、何が本物で、何が後世の作り物なのか、その境界が判然としないばかりに、史跡としての説得力を損ねているような気はします。

(2016年02月06日 初掲)









戻る
TOP