花の御所を模した土豪の城館。
江馬氏城館
所在地
別名
岐阜県飛騨市神岡町殿
:なし
築城者
築城年
:江馬氏
:不明


お城スコープ > お城総覧 > 江馬氏城館

■辺境領主の城館

 昭和築城に代表されるようなかなり通俗的な復元も含め、これまでに相当数の復元が行われた天守閣に対し、城館はじめ武士階級の居館の復元が試みられている史跡は、今日でもそれほど多くはありません。この種の史跡としては、城下町も含めて発掘・復元が行われている一乗谷館跡がもっとも著名なのではないかと思われますが、飛騨の山中、かつて鉱山の町として知られた神岡の町にも、国指定の史跡となっている江馬氏城館跡が存在しています。
 日本国内有数の大大名だった朝倉氏の本拠である一乗谷館に比べれば、江馬氏城館は一土豪の居館と詰城の跡という感じでしかありませんが、辺境領主による領地支配がいかなる形で行われていたかを知る上では、格好の史跡であると言えます。

■三木氏との対立

 江馬氏は、飛騨国北部の吉城郡高原郷を拠点に勢力を伸ばした土豪で、源流は鎌倉時代の北条氏の一門にまでさかのぼるとも伝えられています。戦国時代には、大勢力の存在しない飛騨国内において、戦国大名化を果たしていました。
 同時期、北方の越中国では、神保氏による支配が優越していましたが、時代が下るまで国内はまとまりを欠き、江馬氏による北飛騨支配に直接的な脅威を及ぼす存在とはなりませんでした。江馬氏にとって最大のライバルとなったのは、南の三木氏でした。
 北陸地方で長尾氏(上杉氏)の、信濃国で武田氏の勢力が成長して来ると、江馬氏も三木氏も、それぞれ周辺列強に与して勢力を保つことに腐心するようになります。江馬氏は木曽や安房峠を経由して影響を強めてきた武田氏に付き、その勢力が越中国にまで到達する一助となりました。対する三木氏は、美濃を押さえ時を経るにつれ強大化する織田氏を後ろ盾とします。両者の対立は、武田氏の滅亡や本能寺の変以後までも続きましたが、最終的には、八日町の戦いを経て三木氏の勝利に終わり、江馬氏は滅亡への道を辿りました。一方、三木氏(姉小路氏)も、豊臣秀吉に対して敵対行動を取り、その意を受けた金森長近によって滅ぼされ、飛騨の戦国時代は終わりを告げました。

■甦った会所と庭園

 国指定史跡としての江馬氏城館跡は、平時の居館だった下館跡と、高原諏訪城をはじめとする、六箇所の詰城跡から成立しています。山がちな飛騨の領主らしく、城はいずれも下館を取り巻く山上に築かれており、下館それ自体も、東方に山を背負い、西方を高原川に守られる場所に位置しています。山城跡の遺構保存状態・整備状態はまちまちのようですが、これまでのところいずれも未訪となっているので、いつかは機会を見つけて攻城したいところです。
 さて、戦国の一時代において北飛騨の政治の中心となっていた下館の方ですが、復元された館跡は、辺境領主の居館跡とは思えないほど見事な風格を備えています。建物・庭園とも平成19年公開開始と、比較的近年の復元であるため、真新しさをまぶしく感じますが、その威風堂々たる印象は、単に施設そのものの新しさのみによるものではないようです。下館の建物や庭園は、いずれも足利将軍の邸宅「花の御所」を手本にして造営されたものだと考えられており、小規模ながら将軍の居館を連想させる威風を備えているのでしょう。
 復元されたのは、堀、塀、門、庭園とそれを鑑賞するための会所など。同時に発掘調査の様子も展示されています。鄙にはまれな和風建築群は、この地域を代表する観光地にもなっていますが、冬季には閉鎖されるとのこと。

(2011年08月25日 初掲)





















戻る
TOP