越中最大の山城。
越中松倉城
所在地
別名
富山県魚津市鹿熊
:鹿熊城、金山城
築城者
築城年
:未詳
:14世紀


お城スコープ > お城総覧 > 越中松倉城

■越中東部の拠点

 松倉城と呼ばれる城は飛騨高山の郊外にもあり、その名は山城として深く印象に残っていますが、富山県魚津市にある松倉城も、飛騨の松倉城に勝るとも劣らない規模を持つ山城で、富山県内では最大規模の山城であるとされています。
 戦国時代の初期に越中の東部を領有した椎名氏はここ松倉城を本拠地としましたが、城の歴史はそれよりもさらに古く、南北朝時代にまでさかのぼる事ができ、その名は「太平記」にも見られます。14世紀中葉からの松倉城は幾度か篭城戦の舞台になっており、この城が守るに適していたことを証明しているようでもあります。
 普門氏、桃井氏といった歴代城主の時代を経て椎名氏の持ち城になった時期については不明な部分もありますが、椎名氏の支配期間は長く、その点からは戦乱と共にあった松倉城の歴史の中では比較的平安な時期だったと言えるでしょう。
 しかし、越中国にはやがて越後の長尾氏の勢力が及んできます。特に国内で東寄りにあった松倉城はその影響を強く受け、椎名氏も一時は長尾氏に対して反抗するものの、ついにはその武力に屈し、長尾氏の被官的な立場となります。

■城主椎名氏と越中国内紛争

 一時期は長尾氏と干戈を交えた椎名氏でしたが、長尾氏によって本領を安堵されることは、新川地方支配のための強力な後ろ盾を得たのと同じことでした。国外の敵を気にせずに済むようになった椎名氏は、越中国の領有権を二分していた神保氏との対決姿勢を強めていきます。その最中にも松倉城は神保氏による攻撃を受けていますが、両者の実力は伯仲していた上、この紛争自体が上杉氏や武田氏、能登守護畠山氏、さらには一向一揆などの諸勢力の代理戦争の性格を帯びていたため、決着は容易には着きませんでした。一方、背後で椎名氏と神保氏の争いを支援していた強国は、それぞれの思惑により戦略の転換を繰り返します。当初椎名氏を支援していた上杉氏は、次第に神保氏へと接近して行きました。半ば見捨てられた形の椎名氏側は、上杉氏にとって不倶戴天の敵である武田氏を新たな盟主とし、これに対抗しようとしました。しかしこの動きがかえって上杉氏の強硬姿勢を招き、椎名氏は松倉城を追われることになりました。
 新たな城主の任には、上杉の直臣である須田満親が就きました。北陸の戦局は上杉氏と織田氏が戦う新たな局面を迎えようとしていました。松倉城も、織田軍との対決を控えて大規模な改修を施されたと考えられていますが、最終的には佐々成政の治めるところとなり、魚津城が新川地方の中心となるのと入れ替わりに衰微していったと考えられています。

■金山をも支配した古城の末

 松倉城は15世紀初頭に開かれたと考えられる松倉金山を支配する城だったとも考えられています。実際のところ、城から金山までは一山ほどの距離があるようですが、魚津の山中にあるこの城は確かにそういう役割を担っていたのでしょう。長尾氏=上杉氏が早々にこの城を直轄地化しなかったのは少々意外にさえ思えます。容易には落とせない城だったのかもしれません。もちろん、後年になって上杉謙信が松倉城を手に入れた後は、松倉金山の富も上杉氏のものになりました。
 松倉城は標高430mの城山に築かれました。城のある場所、鹿熊という地名が山深さを物語っているようで、21世紀の現在、都市が営まれている魚津の平野部から見るといくらか辺鄙な山奥に築かれている印象を与えられますが、実際には本丸直下にまで車でアクセスすることが可能なようで、史跡としては意外と親しみやすい場所であるとも言えます。もちろん、麓から登っていけば大見城平、石の門跡、土塁等と言った遺構も確認でき、富山県内有数の大規模山城を実感できます。本丸だけを見るルートは、城跡見学としてはちょっと物足りないかもしれません。

(2008年12月13日 初掲)





















戻る
TOP